ミシュランが惚れた熟成ステーキ

アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノに本店を構える世界的に人気のステーキハウス 「ALEXANDER'S STEAKHOUSE(アレクサンダーズ ステーキハウス)」の日本第1号店が、2016年11月10日、東京・汐留シティセンターにオープンします。

どのステーキから食べる?

2011年から3年連続でミシュラン一つ星受賞をはじめ数々の賞を受賞するステーキハウスです。

厳選した最高級品質の食材を最大限に生かした完璧な料理、盛り付けやプレゼンテーションに至るまで、ラグジュアリーな空間で楽しめます。

見よ、この断面

目玉のステーキは、アメリカのプレミアムブランド牛「グレーターオマハ」や「クリークストーン」等を空輸。鮮度の保たれた状態でオリジナルの熟成プログラムに入ります。国内最大規模の熟成庫を店内に備えているので、世界全店舗共通の名物メニュー「28日熟成肉のステーキ」も食べられます。

ステーキメニューは、「30日熟成 骨付きニューヨークステーキ」(1万円)、「30日熟成 Tボーンステーキ」(1万4000円)、「A5ランク 松坂牛」(1万5500円)、「アンガスビーフ フィレ」(5000円)など。

どのステーキも、牛肉の畜産家と直接契約するなどして素材も厳選しており、選び抜かれた牛肉に熟成をかけているため、旨みが凝縮されているのが特徴です。

素敵な夜景とともに

コース料理ならコレがおすすめ

コース料理は、シェフこだわり7皿の「study of beef コース」(1万4000円)など。アメリカと日本の最高級ビーフを使用したコースです。

ワインも充実

約500種のがそろうワインセラーの中からソムリエが選ぶ1本と、最高の熟成肉を楽しんで。

11月1日〜5日と9日はプレオープン。現在予約受付中です。

場所は、東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービル42階。

内装も高級感あり

詳細は公式サイトから。