不妊症の原因にもなる子宮内膜症ってどんな病気?
 子宮内膜症ってどんな病気か知っていますか?子宮内膜とは子宮の中にあって、妊娠した時に赤ちゃんの粒が子宮にくっつく際のベッドになる部分のことです。妊娠しなければ月経の際に出血として剥がれ落ちます。

 子宮内膜症は子宮内膜やそれに似た組織が「子宮内膜以外の場所」で出来て増えてしまう病気です。「子宮内膜以外の場所」で出来て増えた子宮内膜やそれに似た組織は月経のたびに内出血を繰り返し、のちに様々な症状となって現れます。

 この病気のピークは30代から40代で、閉経を迎えると良くなっていくことが多いです。生殖年齢女性の10%に存在すると推測され、近年増えてきていると言われています。不妊症の原因の一つともされており、子どもを希望している女性にとっては注意したい病気です。

子宮内膜症の原因は?どうして増えているの?
 子宮内膜症となる原因ははっきりとわかっていません。ただ、この病気にかかる女性が増えているのには次の理由があると考えられています。

■早熟化により初潮が早まっている
■妊娠・出産回数の減少
■晩婚化と晩産化
 
 これらは「月経回数が増える」ということを意味します。結婚する年齢が若く、子どもを多く持つ時代の女性は、現代の女性よりも月経回数は少なかったと言われています。子宮内膜症は月経を繰り返すほど進行していきます。そのため、現代女性に多くなっているのだと考えられています。