温活とは?なぜ冷えると良くないの?


身体の内側が冷えると、血のめぐりが悪くなります。
「冷えは万病の元」という言葉があるように、冷えている身体は、健康・美容の大敵となります。
身体のあらゆるところに悪影響が出てしまうので、体内の冷えはあなどれません。

【身体の主な不調】
頭痛、生理痛、便秘、疲れ目、肩こり、腰痛など

【お肌の主な不調】
くすみ、クマ、シミ、シワ、むくみ、乾燥、吹き出物、肌荒れなど

冷えは、結果としてこのように身体・お肌の不調を引き起こし、女子力低下につながってしまうのです。
反対に、温活で身体を温めることによって、今まで改善できなかったあなたの悩みを和らげることができるかもしれません。

つや・うるおいのある女性らしさの秘訣は、「ぽかぽか美人」になること。
今すぐ温活を始めましょう!

【食事で温活】今すぐ冷えと決別し、ぽかぽか美人になろう!


温活は、ストレッチ、入浴、マッサージ、岩盤浴などの様々な方法があります。
人によってどれが自分に合うかは異なりますが、みなさんに共通してまず見直して頂きたいのは、「食事」です。
食事は毎日のことなので、意識するのと意識しないのでは全然違います。
そして真っ先に実践できることなので、今回は「食事」の観点からみていきましょう。

【食べ物で温活】
食材には、身体を温めるもの・身体を冷やすものがあります。
温性の食材を積極的に摂り、冷性のものは加熱するなどの工夫をして、「口にするものは常温以上のもの」と、意識しましょう。

1.身体を温める食材

かぼちゃ
にんじん
たまねぎ
ネギ
しそ
ショウガ
にんにく
根菜類
ハーブティーなど

あるヘルシー志向な女優さんはショウガパウダーを常備していて、紅茶などに入れて冷え対策をしているそうです。


2.身体を冷やす食材

夏野菜(トマト、きゅうり、なすなど)
白砂糖など


【食べ方で温活】
みなさんは、早食いをしていませんか?

身体を温める食べ方のポイントは、「よく噛むこと」です!
噛むと、内蔵脂肪が燃えて熱がつくられ、体温が高まります。また、満腹中枢が刺激され、過食を防ぐことができるので、一石二鳥です。

食事が身体にもたらす恩恵はとても大きいのです。
ぽかぽか温かい身体は、血のめぐりも良く免疫力も高いので、お肌の調子も良くなり健康美に近づけるはずですよ!
少しの意識で良いので、ぜひ日常生活の中で積極的に取り入れてみてください。