おフェロは香りで演出!良い香りをまき散らそう


ふわっと良い香りのする女性に、男性はきゅんとするそうです。
もちろん同性からも好印象を持ってもらえますよね!

ただ、朝つけた香りが数時間後にはほとんど残っていない、と感じている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、香りをキープさせるためのオススメのアイテムをご紹介します。
おフェロな雰囲気を演出して、香り美人になりましょう!

まずはじめに、香水で【やってしまいがちなNGなこと】からお伝えします。

1.服につける
服につけると香水に含まれる成分によって、シミになる可能性があります。

2.つけ過ぎる
香水の香りを持続させたいがために、多めにつけるのはNGです。
うっかりつけ過ぎてしまった時は、アルコール除菌のできるウェットティッシュで軽く押さえてオフするのがオススメです。

3.肌につけてからこする
やりがちですが、手首の内側につけた香水を両手首でこすり合わせるのはNG。実はこすると、香りの分子が壊れてしまうのです。

4.香りのあるものを混ぜる
例えば、汗をかいたときにおいをごまかそうとして香水をふきかけたり、違う香りを混ぜるのは逆効果になります。
汗は無香料のシートでふき取ってから香水をつけましょう。

香りを長時間キープさせよう!


次に、香りの持続性を助けるアイテムとその方法のご紹介です。
【3つのアイテムで香りキープ】

(1)ワセリン・ボディクリーム
実はしっとりと保湿されているお肌だと、香りが持続しやすいです。
ワセリンや無香料のボディクリームをぬった後に香水をつけると、浸透力がアップして香りが肌に馴染みやすくなります。

(2)枕
寝る前に枕に2、3プッシュして寝ると、髪に香りが浸透します。
髪からふわっと良い香りがすると魅力的ですよね。

(3)ティッシュ・コットン
香水をティッシュやコットンにふきかけて、内ポケットなどに、忍ばせましょう。直接お肌に香水をつけるのに抵抗がある方にもオススメです。

また、香水をつけるパーツによっても香りの印象が少し変わります。
●スタンダードなのは『手首の内側』
血管が太く、体温が高い場所なので香りが立ちやすいです。

●おフェロな雰囲気を出したいなら『うなじ・耳の後ろ』
こちらも手首と同様に体温が高いパーツ。顔に近い部分なので香りを魅惑的にアピールできます。

●さりげなさがお好みなら『ひざ・足首』
香りをあまり主張したくない方は、さりげなく香る下半身につけるのがオススメです。

その日の気分や仕事のオン・オフによって、使い分けるのも楽しめますよね。
ぜひいろいろ試して『良い香りのする女性』になりましょう!