肌の乾燥は食べ物で改善しよう!


夏も終わり、これからどんどん冬に近づいていきますね。
そこで悩まされるトラブル、肌の乾燥ですね。
秋・冬は空気の乾燥や気温の低下などにより皮膚が乾燥しやすくなる季節ですね。
どんなに保湿を頑張ってもなかなか改善されない、そんな経験はありませんか?
そんなときは毎日の食事から乾燥を改善していきましょう!
ここでは肌の保湿を手助けをしてくれる食べ物をご紹介致します。

◎納豆
納豆には豊富なタンパク質が含まれています。
他にもビタミンEやセラミドなど、肌の保湿を高める成分が豊富に含まれています。
また、ポリグルタミン酸という成分も含まれています。
ポリグルタミン酸にはヒアルロン酸の10倍の保水力があるといわれており、保湿効果に期待ができます。

◎乳製品
乳製品には脂質やタンパク質、セラミドなどをバランスよく含んでいます。
これは肌の保湿に効果が期待できる成分となっており、これらを適度に摂取することによって、肌を乾燥から保護します。

◎緑黄色野菜
100g中に600μg以上のβ‐カロテンを含む野菜が緑黄色野菜と位置付けられており、現在56種類存在しています。
これらは不足することにより、皮膚表面にある細胞がダメージを受け、皮膚がカサカサになってきてしまいます。
ビタミンAは肌の働きを正常にしてくれる効果が期待でき、ビタミンCは保湿だけでなく、美肌ケアにも一役買ってくれます。

他にも果物やはちみつ、オクラや山芋などのねばねばした食材、卵などたくさん保湿に良いとされているものがあります。
しかし、ある一定の栄養が偏ってしまうと効果を発揮できなくなってしまいますので、バランスよく摂取することを忘れないようにしましょう!

簡単美味しい!肌の乾燥に良い食材を使ったパスタ


ここでは上記でご紹介した、納豆、乳製品、緑黄色野菜を使った簡単美味しい、潤い肌へと導いてくれるパスタのレシピをご紹介致します!

材料
パスタ(乾麺)    100g(1人前)
納豆         1パック
牛乳         200ml
コンソメ顆粒    小さじ2
塩コショウ      お好み
ベーコン       1枚
ほうれん草       1/2束(お好みで増やしたり減らしたりして大丈夫です)
にんにくチューブ   1cmくらい
粉チーズ      大さじ2(無くても大丈夫です)
しそ        お好みで1、2枚
オリーブ油     具材炒め用

1. パスタは少し硬めで茹でる。
2. 納豆はあらかじめ軽く混ぜておき、ほうれん草も茹で1口サイズに切っておく。
ベーコンも1口サイズに切り、しそはお好みで細かく切っておく。
3. フライパンにオリーブ油を入れ温まってきたら、にんにくチューブとベーコンを入れ炒める。
4. 炒めたら牛乳とコンソメ顆粒を入れ再度温める。
5. 温まってきたらほうれん草を入れ、塩コショウで味を調える。
6. 味を調えたら茹であがったパスタと納豆を入れ、軽く混ぜ合わせる。
7. 軽く混ぜたら火を止め、粉チーズを入れ再度混ぜ合わせる。
8. 皿に盛り、細かく切ったしそをお好みでかけ完成!

全体的に洋風な味のパスタですが、意外と刻んだしそがいいアクセントになって味を引き立たせてくれます。
手順は多いかもしれませんが、フライパンにどんどん入れて混ぜていくだけで完成するのでほとんど失敗はありません!
また、不安な方は火を弱めで調理していくと焦る必要もなく失敗しないと思います。

毎日の食事でお肌に潤いを取り戻しましょう!