楽園のヒーリング旅「リゾナーレ小浜島」前編

ご褒美旅にぴったり!美と癒しの島へ



夏を過ぎても、コバルトブルーの海やきらめく自然が一年中満喫できる沖縄エリア。一般的に10月頃からオフシーズンを迎え、旅費もお手頃になる穴場の季節がやってきます。

そんな沖縄の海に浮かぶ離島の一つ、小浜島には2016年5月に楽天トラベルで発表された「女ひとり旅」ランキング第1位に輝いたリゾートがあります。それは……。

真南風ロマンティックの島「星野リゾート リゾナーレ小浜島」
真南風ロマンティックの島「星野リゾート リゾナーレ小浜島」

とある秋の週末、飛行機に飛び乗って「星野リゾート リゾナーレ小浜島」を訪れました。ここで体験できる夢のような滞在を、さっそくご案内しましょう!

星野リゾート リゾナーレ小浜島の優雅な滞在1日目



チェックインは15時。フロントで貸し出している可愛いリゾートドレスに、早くもワクワクが止まりません。

優雅なドレスとエキゾチックな客室にドキドキ
優雅なドレスとエキゾチックな客室にドキドキ

お気に入りのドレスを選んだら、熱帯植物が茂る道をカートに揺られて客室へ。ヴィラタイプの客室はとっても広くてエキゾチック。光と風と緑を感じる空間にうっとりします。

部屋でドレスを着てみると、たちまち気分はお姫様! 急に女らしいことがしたくなって、バスルームをのぞくと…ロクシタンのアメニティが揃っていました。今夜のバスタイムは心ゆくまで女を磨けそう!

贅沢なプライベート・ビーチへ。幸せな寄り道!
贅沢なプライベート・ビーチへ。幸せな寄り道!

宿泊者専用の「イルマーレビーチ」を目指して、緑の道をゆくと「ガジュマル広場」が出現。精霊が宿る巨大なガジュマルの木陰で、ハンモックに揺られて過ごす午後。緑のトンネルの向こうから、波音が聴こえてきます。

ついでに、海に面したオシャレなライブラリー「島Books&Cafe」にも立ち寄って。汗ばむ体にイチゴのひんやりスムージーがしみこみます。一休みしたらいざ、きらめくビーチへ!

秋も最高!輝く海でアクティビティ体験
秋も最高!輝く海でアクティビティ体験

カラフルなパラソルとチェアが並ぶビーチは、ほぼ貸し切り。体幹を鍛えられると話題の「SUP(スタンダップパドルボード)」に挑戦してみました。

ボードを波に浮かべて、インストラクターにパドルの使い方を教わること15分。カンタンに見えて、これが意外と難易度高め。波間で揺れるボードの上で立ち上がってはひっくり返って、波にのまれて……でも楽しい! 透明な海に潜るたびに、心ごと浄化されていきます。

ちなみに、1年中南風が吹くこの島はウィンドサーフィンの聖地。こちらも気軽にトライできるそうですよ♪

イタリアと琉球を旅するディナー
イタリアと琉球を旅するディナー

海でたっぷり遊んだ後はディナーの時間。メインダイニング「DEEP BLUE」のイチオシは「琉球エレガンス」です。 体の中からもキレイになれる、栄養たっぷりの琉球食材をイタリアンの手法で仕上げたコース料理です。

うれしいのは、コースの一皿ごとに専属ソムリエがワインをペアリングしてくれること。普段は選ばないワインの意外なおいしさに酔い、本土でもおなじみの琉球食材が予想外の味で登場する優雅な一皿に酔ううちに、空には星が瞬きはじめていました。

イリュージョンのような楽園の夜
イリュージョンのような楽園の夜

“365日朝から夜まで楽しめるビーチ”をコンセプトにしたイルマーレビーチの宵には、波打ち際にランタンロードが現れます。ガジュマル広場も昼とは一転。神秘的でロマンチックなムードが漂っていました。

見晴らしのよい草原に連なる「ティンガーラハンモック」にコロンと横たわると、名前の通りティンガーラ(天の川)が頭上にくっきり! 88ある星座のうち84が見える澄んだ空から、しんしんと星の光が降ってきました。

いつも頑張る自分に贈りたい、優雅なヒーリングの旅。2日目は世界有数の海に潜るシュノーケリングや島巡りを体験します♪

「リゾナーレ小浜島」情報
■星野リゾート リゾナーレ小浜島
星野リゾートが運営する、洗練されたデザインと豊富なアクティビティをそなえる西洋型リゾート「リゾナーレ」ブランドの一つ。”真南風(まはえ)ロマンティック”をコンセプトにした優雅な癒しの滞在が女性の心を捉え続ける。ベビーやキッズと楽しむ施設やサービスも完備し、ファミリー層にも人気。
■星野リゾート リゾナーレ小浜島 公式サイト
http://www.risonare-kohamajima.com/
リゾナーレ予約センター
TEL:0570-073-055