目を大きく見せる裏技ってあるの?瞳とまぶたの関係とは


目力のある人や、人を惹きつける力のある女性に共通しているのが「目の大きさ」。
ある意味、美人の必須条件と言っても過言ではないかもしれません。
そんな、瞳を大きく見せることのできる裏技テクニックをお届けします!

【瞳とまぶたの関係とは】
実は「黒目が大きい人」というのはいないと言われています。
というのも、黒目の大きさ自体には、個人差がほとんどないのが実際だからです。
日本人の黒目の大きさは、男性も女性も、また年齢なども関係なくすべての人が11〜12mmのサイズなのだそう。
瞳の大きさや目力を印象づけるのは、大きさではなく「まぶたを持ち上げる筋力」。
まぶたを開ける力が弱い人は、黒目の見える範囲も狭まる為、目が小さく見えます。
逆に、まぶたを開ける力の強い人は、その範囲が広がる為、より目の印象が強く残るのです。

目を大きく見せるにはどうすればいい?効果的な方法をチェック!


では、まぶたの筋力を上げるにはどうしたら良いのでしょうか。
それには、マッサージとまぶたの筋トレが効果的なのだとか。詳しく見ていきましょう。

【目を大きく見せるマッサージ】
1、親指をまっすぐ伸ばした状態で、人差し指の第二関節を90度に曲げる
2、親指の先をこめかみに当て、曲げた人差し指の第二関節で、眉頭→眉尻へ上まぶたを優しく揉みほぐす(5回ほど行うのが目安)
3、同じ人差し指を使って、下まぶたもマッサージ
4、同じ人差し指を使って、眉をマッサージ
5、手のひらでそっと目の周りを覆い、眼球を軽く押さえる

ゴッドハンドの持ち主としても著名なエステティシャン・高橋ミカさんもオススメのマッサージ法なのだそう。
お手軽にできるマッサージなので、空き時間などを使って試してみてください。

【まぶたの筋トレ方法】
マッサージの後は、まぶたの筋トレ。この流れを1セットとして行うと、より効果的なのだとか。
次に紹介する方法、特に回数は決まっていない為できる範囲で取り入れてみてくださいね!

1)ウインク&まばたき!
普段あまり意識することなく行っているまばたき。
これを意識的に行うことで、より筋肉への刺激につながると言われています。
また、片目ずつ閉じるウインクにも筋トレの効果があるのだとか。
気がついたときにウインクの練習をしたり、まばたきの回数を増やしてみたりするのがオススメ。

2)目を閉じた状態で眉をぐっと持ち上げる!
目を軽く閉じながら、眉だけ持ち上げることも筋トレの1つ。
上まぶたの筋肉が刺激され、開く力がつきやすくなります。
最初は少しツライかもしれませんが、続けていくうちに筋力アップが実感できるかも。
ポイントは、眉を持ち上げるときも下げるときも、ゆっくり行うことと、引き上げた状態で8秒間ほどキープしておくこと。

3)眉は動かさず目だけ見開く!
眼球を奥へ引っ込めるようなイメージで、眉はできるだけ動かさずに目を見開きます。
筋力の向上と目力アップの効果が期待できるのだそう。
また、上まぶたと下まぶたを同時に刺激できるため効率よく筋トレができます。

いかがでしたか?
黒目の大きさが変わらない分、毎日のちょっとした積み重ねで目力は確実に増していくはずです!
今日から、瞳の印象が強い美人を目指しましょう!