冬に向けての身体づくり!秋野菜の特徴とは


秋はきのこや木の実などが美味しい季節ですよね。色とりどりだったみずみずしい夏野菜から、秋になると繊維質に富み、重量感がある野菜が出回るようになります。
夏の暑さによって疲れた体には、穏やかにケアができる秋野菜がぴったりです。
さらに、秋野菜にはこれからやってくる冬に向けての身体を作る栄養素がたっぷり含まれています。
代表的な野菜を例にして、秋野菜の効能を見ていきましょう。

秋野菜の優れた効能について


【きのこ類】
秋と言えば、何と言ってもきのこが美味しい季節です。きのこには食物繊維が豊富に含まれています。内臓脂肪などを蓄積した余剰脂肪を排出する働きが優れているので、夏のカロリーオーバーによって蓄えられてしまった血中コレステロールを下げると言われています。
また、きのこの種類によって成分が異なりますが、必須アミノ酸であるリジン、ビタミンB1、βグルカンや、カルシウムなどの栄養分が動脈硬化や高血圧、癌、生活習慣病を予防する作用があると注目されています。

【さつまいも】
お料理はもちろん、スイーツにも大活躍する秋野菜がさつまいもです。秋は涼しくなることで風邪を引きやすくなりますが、さつまいもに含まれる、豊富なビタミンCによって風邪の予防効果が期待できます。
また、さつまいもの皮に含まれるアントシアニンも注目の栄養素です。アントシアニンは、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種で、癌の予防に効果的と言われており、体を活性化する力に優れています。
食物繊維も豊富なため、腸内環境も正常な状態に導きます。

【さといも】
煮込み料理に重宝するさといもは、ムチン、カリウム、食物繊維を豊富に含んだ、秋を代表する野菜の1つです。
ムチンは、胃の炎症を和らげる効能があるそうです。夏に冷たい物を食べ過ぎた胃の粘膜を保護してくれます。カリウムは、過剰に摂取した体内の塩分を老廃物と一緒に体外へ排出してくれるため、むくみに対策にもってこいですよ!
また近年、さといもからガラクタンと呼ばれる脳細胞活性物質が発見されました。ガラクタンは、物忘れや認知症の改善効果がみられるのではないかと期待されている栄養素です。

秋の恵みを食事に取り入れて、夏に受けたダメージをしっかりとケアし、寒い冬を乗り切る身体づくりをしていきましょう。