毎日のセットでダメージだらけ?髪にもお休みを


毎日のセットで、あなたは何を使っていますか?ヘアワックスにヘアスプレーと、最近は髪型をキープするための便利なものが増えてきましたね。
女性の方ではヘアアイロンでがっつり巻いてからヘアスプレーで固める、なんて方も多いのではないでしょうか?
ヘアセットを頑張ること自体は美意識も高く、たいへん素晴らしいことだと思います。
しかし髪の毛へのダメージは考えているでしょうか?
整髪料をつけた時に生じる摩擦や、ヘアアイロンの熱などによって、髪の毛は知らない内にどんどん痛んでしまっています。
また、きちんと洗っているつもりでも、整髪料を落としきれていなかったりすると、それもまた髪の毛が痛む原因になってしまいます。
髪の毛のことを思うなら、整髪料やヘアアイロンなどを使わない日を作って、髪の毛にもお休みをあげることが必要です。
ダメージを受け続けた髪の毛を放置しておくと、潤いもコシもないパサパサ髪になってしまいますよ。

髪に潤いを取り戻すおすすめセット方法


外出するのに整髪料やヘアアイロンを使わないなんてできない!そう思う方もいらっしゃるかもしれません。
そこで髪へのダメージを軽減するおすすめのセット方法をご紹介いたします。

○整髪料の代わりにオイルや洗い流さないトリートメントを使う
まず、濡らした髪にオイルをよく馴染ませてからドライヤーとブラシでセットしてください。
この時、ドライヤーの当て過ぎや近づけ過ぎに注意してください。
乾いたら、普段使っている整髪料のかわりにオイルや洗い流さないトリートメントを使ってセットしましょう。
セット力は劣りますが、多少のうねりやハネは抑えることができます。

○まとめ髪にする
どうしてもうねりやハネがおさまらなかった場合は、おもいきってまとめ髪に挑戦してみましょう。
髪の毛が短い方はヘアアクセサリーを使った簡単なヘアアレンジをしてみるのもおすすめです。
まとめた後は、オイルや洗い流さないトリートメントなどでセットしてあげましょう。

セット剤としてオイルや洗い流さないトリートメントなどを使用することで、まとめながら髪の毛のケアもすることができ一石二鳥ですよ!

いかがでしたか?
髪にも定期的にお休みをあげて、うる艶ヘアーを手に入れましょうね。