日本の腕時計メーカーはインバウンド(訪日外国人)需要で大いに潤ったが、現在は様変わりの様相を呈している。

 腕時計3社の2015年4〜9月期の連結決算は好景気に沸いた。セイコーホールディングス(HD)の本業の儲けを示す営業利益は、前年同期比50%増の113億円に急伸した。価格が40〜60万円の主力ブランド「グランドセイコー」や20〜30万円の世界初のGPSソーラー腕時計「アストロン」といった高級品、中級品が、訪日客や日本人客に売れた。両ブランドの売上高は5割増えた。

 シチズンHDの営業利益は、149億円と21%増えた。全体を牽引した時計部門の利益は31%増の100億円。お土産として需要が高い5万円前後の機械式腕時計や価格が20万円以上の高級品の販売が好調だった。

 カシオ計算機の営業利益は、37%増の216億円。「Gショック」など10万円以上する腕時計の販売が国内外で拡大した。Gショック最大の特徴は、どんな衝撃にも耐える堅牢さだ。実際に、戦場へ赴く兵士たちに好まれている。世界の特殊部隊やSWAT隊員にも愛用されており、国内外の軍事マニアから圧倒的な人気を誇る。

 だが、爆買いは終わった。インバウンド需要の落ち込みや円高が響き、上記3社いずれも16年4〜6月期の連結決算は営業利益が2ケタ減。爆買いが本格化する前の水準に逆戻りした。

 セイコーHDの売上高は前年同期比16%減の594億円、営業利益は80%減の8億円。本社移転の経費が嵩み、大幅な営業減益となった。9月13日に発表した17年3月期通期の売上高は前期比12%減の2600億円、営業利益は62%減の50億円と大幅な減収減益を見込む。純利益は、これまでの予想の100億円から70%減の30億円に急減しそうだ。ウォッチ事業の部門営業利益は60億円と、従来予想の120億円から半減する。同部門の売上高は1600億円から1380億円となる。特に10万円前後の中価格帯でも下限の腕時計の落ち込みが激しい。

 セイコーHD傘下の高級商業施設、和光は外国人のなかでも富裕層に人気のスポットだが売り上げが落ちており、利益貢献度は大きく下がる見通しだ。

 シチズンHDは売上高が8%減の766億円、営業利益は28%減の46億円。17年3月期通期の売上高は8%減の3190億円、営業利益も29%減の215億円と、やはり減収減益を予想する。

 カシオは売上高が7%減の742億円、営業利益が22%減の71億円だった。17年3月期通期の売上高は5%増の3700億円、営業利益は14%増の480億円の見込み。カシオは増収増益と強気の見通しを立てている。

●インバウンド落ち込みの挽回策

 インバウンドの落ち込みを、各社はいかに挽回するのか。

 セイコーHDは、ぜんまいで動く機械式腕時計に回帰する。事業会社のセイコーウォッチは純国産の機械式腕時計を初めて開発した。

 看板である高級ブランドの「グランドセイコー」は男性の嗜好品のイメージが強く、中心価格帯は60万円台だ。女性用に初めて100万円を超える機械式腕時計を今年から投入、スイスの高級ブランドに対抗する。爆買いは消えたが、世界的に需要があるとみて増産を決めた。

 シチズンHDは世界初のアナログ式光発電時計を発売してから今年で40年。それを記念して腕時計「エコ・ドライブ・ワン」を10月に発売する。本体のケース厚は2.98ミリ。アナログ式光発電時計として世界最薄だという。価格はバンドがワニ革の限定品が税別70万円、ステンレスの通常品は30万円だ。

 カシオはインターネット経由で自動的に正確な時刻に合わせる腕時計を次の成長戦略の柱に据えた。16年3月期の時計事業の売上高は1760億円で海外の売上高比率は75%。欧州を中心に自動で時刻が修正される時計の人気が高まっており、19年3月期に時計事業の売上高を2000億円まで増やし、海外比率を80%に引き上げる。

●機械式腕時計の老舗、オリエント時計が消える

 機械式腕時計メーカーとして一時代を築いたオリエント時計が、ひっそりと姿を消すことになった。

 インクジェットプリンターで国内首位のセイコーエプソンは、17年3月期から10年間の長期ビジョン「Epson25」に基づき、100%子会社であるオリエント時計の事業を再編する。17年4月をメドに、開発・製造など国内販売を除く全部門をセイコーエプソンに統合し、国内販売は子会社のエプソン販売が担う。事業再編後も60年以上の歴史を持つオリエントブランドは継続する。

 機械式腕時計の開発・製造で培ったオリエントの技術を取り込み、エプソンが力を入れるウエアラブル端末事業の新製品に生かす。

 オリエント時計前身の吉田時計店は、1901年の創業。機械式腕時計が全盛だった70年代前半まで、シンプルなデザインの「オリエントスター」が人気を集めた。クォーツ時計の全盛時代に入り機械式時計の開発を行わなくなったが、90年代末に機械式時計ブランド「オリエントスター」を復活させ、機械式腕時計の専業メーカーに回帰した。だが、業績は振るわず、09年にセイコーエプソンの子会社となった。

 オリエント時計の業績は非公開だが、『会社四季報業界地図(2016年版)』(東洋経済新報社)によると、部門売上高は79億円、部門営業利益は4億円の赤字だ。売上高が1兆924億円(16年3月期)のセイコーエプソンから見れば、オリエント時計の比重は1%にも満たない。こうした経緯から機械式時計事業を清算することにした。
(文=編集部)