一生懸命お手入れしているのに、なぜか肌トラブル続き…。高級なブランドで揃えたスキンケアシリーズなのに一体どうしてっ!と嘆きそうになったら一度全て断捨離してみてはいかがでしょう?


やりすぎが逆効果の時もある


過去の私の体験でもあるのが「やりすぎケア」。ニキビや赤みに痒みなど肌トラブルが絶えなかった私は、ドラックストアで買えるチープなものからデパートで買う高級ブランドまで、コスメを買っては使わなくなっての繰り返しでした。

そう、典型的なコスメジプシーだったのです。当時は肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の知識や、過度なケアをすることが逆効果だと言うことを知らなかったので、「とにかく新しいものを試してもっとキレイになりたい」という気持ちが強かったんですよね。

そこで勉強していく中で気付いたこと。それは、肌の生まれかわりの周期に合わせて長期的に製品を試して見る大切さや、あれこれとアイテムを使いすぎることで、肌にとても負担がかかっていたことにハッとしました。

“自分が良かれと思っていたことが、逆効果な時もある”というのが、大切なポイントだと思います。

やりすぎケアの断捨離とは?


そこでオススメなのは、一度今行っているスキンケア類を全てストップしてみるということです。「肌の断捨離をする」と言ったら、伝わりやすいでしょうか。

もちろん現在行っているスキンケアがご自身にぴったり!という方はそのままでOK。何をしても回避できないコスメジプシーに陥っている方が対象です。
コスメジプシーの方は良かれと思ってあれこれと試しているので、何も肌のお手入れをしないと急に不安になる!という方も多いのではないでしょうか。そんな時は週末肌断捨離が◎。

お仕事がお休みの日に素肌へ戻れる時間を作ってあげると同時に、何重にも塗っていた化粧水や乳液などを一度置いて肌をリセットさせてあげるのが良いと思います。

本来の肌は自分自身で健やかに保とうとする力があるので、過保護にスキンケアをしてしまうと本来の力が弱ってしまうので注意が必要です。

最後に


自分のことだからつい神経質になっちゃう…!という美意識の高いあなた。もしかしたら肌の断捨離を必要としているかもしれません。
HARAKO
コラムニスト・ライター

Photo by fotolia