最近話題の「ベジヌードル」。野菜を麺に練りこんだりするのではなく、野菜そのものを麺のようにスライスして食べます。炭水化物を一切使わないので野菜をたっぷり食べることができるのに加え、便秘解消や美肌効果が期待できます。また、カロリ―ダウンが図れるのでダイエット中にはぴったりな料理法です。いろいろなソースと合わせてて食べれば飽きずに続けることができますよ。


ベジヌードルを作りやすい野菜はいろいろ&食べ方もいろいろ


ベジヌードルに向いている野菜はいろいろあります。やはりある程度の長さや固さがある方がよいです。具体的には、ズッキーニ、にんじん、大根、きゅうり、じゃがいもなどなど。

最近はベジヌードル専用のスライサーが様々なメーカーから出ているのでそれを使ってもいいですし、ピーラーや包丁を使っても作れるレシピもあります。

乾物のかんぴょうをパスタのように


かんぴょうを使う料理というと、甘辛く煮て細巻きに入っている姿を想像することが多いかと思います。実はベジヌードルにもぴったりの食材なんです!!

色や長さ・太さを見ると、きしめんやパスタのフィットチーネ・タリアテッレに似ています。今回はクリームソースと合わせて作ってみます。

「かんぴょうdeクリームパスタ」のレシピを紹介します。


<材料(2人分)>
かんぴょう  35g
ベーコン   40g
しめじ    1/2袋
バター    20g
薄力粉    大さじ1.5
牛乳     200cc
塩・こしょう 各適量
バジルの葉  適量

<作り方>
1)かんぴょうは水で戻してから食べやすい長さに切って、縦に2〜3等分に切り(はさみか包丁で)、好みの固さになるまで茹でたあと、しっかりと水気を切る。

2)フライパンにバターを溶かし、細切りにしたベーコンを炒め、石づきを切り落として小房に分けたしめじを加えて更に炒める。

3)2に薄力粉を加えて粉っぽっぽさがなくなるまで炒め、牛乳を加えてとろみをつけ、塩・こしょうで味を調える。

4)3に1を加えて絡め、お皿に盛り、バジルの葉を飾る。

かんぴょうを細長く切るのに少し根気がいります。太いままでOKな方はそのまま使って頂いても大丈夫です。
吽野 英里(うんのえり)
料理研究家

Photo by fotolia