“下腹のポッコリ”を予防・改善するには、姿勢が重要です。姿勢が悪いと、歪んだり、代謝が低下したりして太りやすく、余計な贅肉がつきやすくなります。次のような姿勢は絶対にNG!美姿勢に整えて下腹をキュッと引き締めましょう。



NG姿勢1:反り腰


下半身太りに悩む人に多いのが「反り腰」の姿勢。下腹を引き上げる力が弱く、下腹の筋肉が緩み、たるみやポッコリお腹を招きやすくなります。

床に背をつけてまっすぐに立ったときに、握り拳が腰に入ったら要注意。反り越し気味です。2つ以上入る場合は、今すぐ姿勢の改善をおすすめします。

NG姿勢2:猫背


デスクワークなどで猫背になりがちだという人は、めぐりが悪く代謝が低下している可能性アリ。前の中心に重心が集まるためお腹がたるみやすく、下半身の体脂肪が増加しやすくなります。

意識しないと、肩が内側に入り込んでしまいます。普段から胸を張って姿勢を正す習慣をつけることが大切です。

下腹を引き締める理想の姿勢は・・・


ウエストラインをすっきりさせるのに重要なのは、お腹を“伸ばす”こと。胸を張って肩を上に持ち上げることで、下腹をキュッと凹ませやすくなります。日々の姿勢を意識して、下腹の贅肉を撃退しましょう。
1. 両肩を首よりもうしろへ引く(肩甲骨が内側に寄るように)
2. 胸を張って、肩を上へ持ち上げる
3. 顎を引き、前をまっすぐに見る
4. 下腹を凹ませ、持ち上げる

痩せ体質を叶える美姿勢をキープ!


立ち姿勢を意識するだけなら、時間を割かなくても今すぐ取り入れることができますよね。美しいボディラインには、美しい姿勢が不可欠。立ち方次第でボディラインが変わります。今日からNG姿勢を改め、美姿勢に切り替えましょう。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia