みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。生理前や生理中の自分にしかわからないつらさや、不快感を軽減できたら楽になるのにと思いながら、毎月の生理を憂鬱に過ごしていませんか?同じ女性でも、生理前や生理中のつらさや不快感は違うものです。なかなか伝わらないつらさは余計にストレスになってしまいますよね。実は生理前や生理中のつらさや不快感は、日頃の習慣で軽減できるんです。


生理前は生理に備えましょう


生理前に、味の濃い食べ物や甘い物、カフェインの多く含まれたコーヒーやチョコレートなどを食べると、経血の質が悪くなり、子宮が強く収縮してしまいます。まずは生理痛や生理前のイライラを引き起こしやすい食べ物を控えてみましょう。

身体を冷やす食べ物も骨盤内の冷えを引き起こしてしまうので、ちょっとガマン!その代わり、黒い食材を選んで食べると経血の排出がスムーズになりますよ。

生理中は身体を温めてゆるめましょう


生理中は骨盤がひらき、経血を排出するために身体がゆるんでいる時です。身体を締め付けない服装で過ごしましょう。
骨盤周辺を温める事で経血の排出がスムーズになり、生理痛が軽減されます。ぬらしたタオルを軽く絞り、電子レンジで温めてホットタオルを作り、お尻の下に敷いて骨盤周辺を温めましょう。ホッカイロを敷いたり、お腹や仙骨に貼ってもOK。

また、普段から身体のコリが強いと骨盤の開閉がスムーズにいかず、生理中に腰が重く痛くなってしまいます。ホットタオルを目の上に乗せて目を温める事で骨盤がゆるむので、目を温める事もオススメです。

生理後は少し運動しましょう


生理前や生理中のつらさや不快感は運動不足も原因の1つです。生理後は身体の調子が良くなる時です、ここで運動をして身体を整えましょう!いつもよりも大股で歩いたり、この時だけ階段を多く使ったり、お尻まわりのエクササイズもオススメです。

■エクササイズ(スクワット)1
1、足を大きく開いて立ち足先は軽く外側。
2、そのまま息を吐きながら膝を曲げて重心をゆっくり下。吸いながら戻して10回繰り返しましょう。

■エクササイズ(スクワット)2
1、足を腰幅にして立ち足先の向きは真正面。
2、息を吐きながら膝を曲げて重心をゆっくり下。吸いながら戻して10回繰り返しましょう。(足先よりも膝が出ないように)

ちょっとした習慣で変われます


薬に頼ればその時は一時的に軽減されるかもしれないけど、薬を常用しすぎて効かなくなっている女性もたくさんいますよね。薬はあくまでも一時的に軽減する、その場しのぎにしかなりません。できれば、薬を飲まず過ごしたいですよね。

ちょっとした習慣を変えて生理前や生理中のつらさや不快感を軽減できるので、習慣の中に取り入れて身体を変えてみてはいかがでしょうか?

KAORI
トータルボディビューティアドバイザー

Photo by fotolia