自分のベスト体重をご存知でしょうか?標準体重・美容体重・理想体重、いろいろ聞きますよね。一体、自分にとって最適な体重は何キロなんだろう・・・とわからなくなる方もいらっしゃると思います。いつもと同じ行動をしていても、何となく身体が重く動きにくいと感じたら、ベストな体重ではないかも知れません。自分でベストな体重を知り、スタイルキープにつなげましょう。


世の中の基準値は、あくまでも目安で


健康を重視した標準体重、見た目を重視した美容体重、人それぞれに目指すもの、理想とするものは違います。数値はあくまでも目安にして、行動しているとき、何となく最適なフィット感がある体重ってあると思うんです。それがその人にとってベストな体重です。

全身を鏡に映したとき、笑顔になれる


細めな体型が好きであったり、美容体重ではないが健康的で少しふっくら感のある体型が好きであったり、人それぞれに好みがあります。それプラス、体質もあります。

また、細めでスマートな美容体重を目指してダイエットしても、体力が落ちたり、何となくお顔に合わなかったりされる方もいらっしゃるかと思います。自分が好きと思える体型で健康的でいられる、それがその人にとってベストな体重になるはずです。

毎日、体重計に乗る


「最適なフィット感を感じられ、自分が好きと思える体型で、元気に過ごせる」その時の体重を把握したら、毎日体重計に乗る習慣を付けてみることをおススメします。
年齢を重ねると基礎代謝が落ちてきます。同じことをしていても脂肪が付きやすく、太りやすくなります。その年齢も人さまざまで、気付いた時には、取返しがつかないくらい、ベスト体重から離れていくこともあります。毎日測ることにより、微妙な変化を感じ取れるようになります。

そしてベスト体重から離れていくと感じたら、もう1度生活習慣を見直したりと、早めに対処が出来るのです。年齢を重ねてもスタイルをキープする、大きなポイントの1つです。

My独断実行とその結果


私は後半年で50才になりますが、体重・各サイズとも、20代の時と大幅に変わっていません。28才の娘とは、姉妹に間違えられることも多々あります(^^)

理想の体型とは程遠いですが、ベスト体重をキープし、健康で老化のスピードを遅らせれるよう日々意識しています。今までに取り入れてきたこと(途中からのものもありますが)、続けてきたこと、意識していることを、お伝えしますね。参考になれれば嬉しいです(^^)
【外見上のお手入れ】
・毎日体重計に乗る
・トータルで見る
・自分の身体の特徴を知る
・新陳代謝がうまくできていると感じるか
・汗を出しているか
・マッサージをする
・パーツも意識する
・全身が映る鏡を見やすい所に置く
・姿勢を意識する
・バランスのよい食事を心がける
・調子が悪いときは、ボディ日記をつける

【内面的な意識】
・疲れたら休む(転職もあり)
・常に目標がある
・美と健康はつながっていることを意識する
・どうなっていたいか創造する
・理想を持つ
次回は、それぞれに詳しくお話しします。
榎原 由子
エステティシャン

Photo by fotolia