長時間のデスクワークで足がむっちり・ガチガチ。1日を終えた自分へのご褒美としてスマホやテレビに夢中になる。気づけば寝なくちゃいけない時間帯になって急いで入浴して就寝する……。こんな生活では、ゆったりと質の良い睡眠はできませんよ。今回は、良質な睡眠へと導く夜の習慣を3つご紹介します。


1:夜に30分散歩する


足の疲れやむくみが気になる場合は、長時間のデスクワークなどで体液循環が滞っている可能性大。そのままでは栄養素が行きわたらず、疲労回復や老廃物の排出も滞ってしまいます。しっかり手足を動かして、めぐりをよくすることが大切です。

とはいえ、夜は心も身体もリラックスモードに整えるべき時間帯。負担の大きい運動はおすすめできません。そこで、ゆったりした気持ちで手や脚を大きく動かし、30分程度「散歩」をしましょう。めぐりが良くなってむくみや疲労から回復しやすくなりますし、心地よい疲労感でぐっすり眠れるようになります。

2:ぬるめのお風呂にゆったり浸かる


お風呂は、ちょっとぬるめの38〜40℃の温度に設定して、ゆっくりリラックスして浸かりましょう(冬場など、これでは寒い!という場合は、少し温度を上げてくださいね)。心地よさに癒されてリラックスすることができますし、水圧で体液循環が促進され、めぐりも良くなります。

お風呂からあがったら、コップ1杯の水分補給を忘れずに。体液の水分は不足してドロドロになると、スムーズに流れなくなってしまいます。

3:寝る前に「良いこと日記」をつける


心配事や考え事をしていると、どんどん眠れなくなってきますよね。心も身体もリラックスしなければ、良質な睡眠は得られません。

「今日のいいこと探し」をして嬉しい気持ちになったり、自分を褒めたりする時間を作りましょう。心地よい気持ちで1日を終えることで、翌日の朝にスッキリ晴れやかな気持ちで起きることができます。
夜は、リラックスタイム。めぐりをよくして心地よい気分になれるよう、3つの習慣を取り入れてくださいね。毎日ぐっすり眠って、明日の美肌&美ボディへと整えましょう。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia