冷えや筋力の低下は代謝を高める大きな原因。痩せやすい状態に体質改善していくためには、筋肉の柔軟性を高めて筋力をアップさせ、筋肉のはたらきを高めることが大切です。そのためには、次の4つの運動が効果的ですよ。


1:ストレッチ


まずは筋肉がしなやかに動くように、ストレッチでガチガチにこり固まった筋肉をほぐすことが大切。筋肉があまり動かないのに、筋トレや運動をおこなっても、思うように効果が出なくなってしまいます。

むくみや疲れやすさ、冷えは筋肉がこり固まっているサインです。まずはゆっくり大きく伸ばして、しなやかで“よくはたらく”筋肉に整えましょう。

2:ヨガ


ヨガは、ストレッチ効果に加えて、呼吸法とポーズによって腹部を中心とした体幹の筋力を高める効果が期待できます。呼吸を整えることで心をスッキリさせる効果も期待でき、ストレス解消やリラックスにもぴったりですよ。

外側の筋肉ではなく、体幹の筋力を高めて“体脂肪を燃やしやすい”、“引き締まりやすい”体質に整えることができます。

3:筋トレ


筋トレは、特定の部分の筋力を強化するのに効果的。ウエストや太ももなど、脂肪量が多く、ダイエットをしてもなかなかサイズダウンしない部分をキュッと引き締めたいときにおすすめです。

ただし、外側の筋肉を鍛えすぎてしまうと“むっちり感”が出てしまいますので、体幹の筋肉を強化するようにしましょう。

4:ウォーキング・ジョギング


下半身の筋力を高めたり、体脂肪を燃焼させたりする効果がきできるのがウォーキングや(軽い)ジョギングなどの有酸素運動。背筋を伸ばしておこなえば背中の筋力をアップさせる効果が期待できますし、お腹に力を入れておこなえば腹部のインナーマッスルを鍛える効果が期待できます。
「どれかだけで完璧」でもなく、「どれも、いい!」のがこれらの運動。空いている時間やその日の体調に合わせて、様々な種類の運動を取り入れるのがおすすめです。全身の筋肉を様々な方法で動かして、もっと燃える身体を目指しましょう!
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia