オシャレに敏感な女性なら、いつもとは違ったニュアンスのメイクをしたくなる時ってあるのではないでしょうか。そこでご紹介したいのが「グロス」。それもレッドやピンクといった唇の色に近い色ではなく、意外な色のグロスです。実は有名なメイクアップアーディストやモデルさんのなかでも、この意外な色のグロス使いが人気なのだとか。今回は、そんな話題の3つのカラーのグロスをご紹介します。


透明感を出したいなら「ブルーグロス」


メイクに敏感な方はご存知かもしれませんが、この春夏のメイクのトレンドは「青み」を取り入れたメイク。「青みピンクリップ」など話題になりましたよね? その流れからきているのが「ブルーグロス」。

意外と思うかもしれませんが、ブルーのような寒色系の色は、赤みなどの暖色系の色味を抑えてくれる効果があるため、逆に透明感をアップさせてくれるのです。また、「ブルーグロス」は、もともと持っている口紅と合わせると、いつもとは違ったニュアンスが楽しめます。レッドやオレンジ系の口紅に合わせると、健康的な色気を演出できるのだとか。

大人っぽくシックな印象なら「黒グロス」


「え?黒?」と思われるかもしれませんが、実は普段持っている口紅の上に重ねて塗ると、たちまち秋冬系のリップに早変わりします。例えば、口紅のベースがレッド系の場合、「黒グロス」を重ねると、真っ黒ではなく、こっくりシックで大人っぽいカラーに仕上がります。

なぜかというと、「黒グロス」の色は真っ黒ですが、リップに重ねるとワントーン暗くなるので、シックな仕上がりになるのです。そしてつけてみると、意外と肌なじみもいいというから、嬉しいところですね。また、ちょっと冒険したいならそのまま「黒グロス」だけをのせてみて。ダークピンクな色みに仕上がります。

スタイリッシュな印象なら「イエローグロス」


そして、じわじわと人気を集めているのが「イエローグロス」。「ブルーグロス」や「黒グロス」にはちょっと抵抗があるという人にオススメ。なぜなら、イエローは日本人の肌となじみやすいからなんです。グロスならではの柔らかいイエローが、手持ちの口紅に重ねることで、みずみずしさやツヤ感を引き出してくれます。

そしてなんといっても、その独特の発色がスタイリッシュな印象を引き出してくれるのだとか。また、赤リップの赤みを抑えたい時や、オレンジリップを立体的で元気な印象に見せたいとき、ピンクリップをソフトな印象に仕上げたいときにも活躍してくれる万能カラーでもあります。
グロスというと、ついついレッド系やピンク系に手を伸ばしがちですが、ここで紹介したグロスを使えば、なりたい印象のメイクを実現してくれるうえ、手持ちの口紅の色のバリエーションも増やしてくれます。

グロスはハイブランドでも3000円以下で購入できますし、話題のカラーなのでプチプラコスメからも出ているので手が出しやすいですよね。いつものメイクにマンネリを感じたり、ちょっと違ったニュアンスを出したいな、なんて思ったら試してみてはいかがでしょうか。
長岡 宏江
美容ライター・ファッションライター・エディター

Photo by fotolia