ロングにしても、ショートにしても、やっぱりトップにボリュームのあるヘアって憧れますよね。トップを立ち上げるだけで印象も柔らかく、華やいだ印象に。もしかして、美容院では実現できても自宅で作るのは無理、と思っていませんか?実は、自宅でもちょっとしたテクニックをプラスすることで、ふんわりトップのボリュームヘアがつくれちゃうんです。今回はそんなテクニックをご紹介します。


立ちあげたい方向とは別にドライヤーを


トップの立ち上がったふんわりヘアを自宅で作るには、まず乾かす段階からの一手間が大事。濡れた髪の状態で、ブラシとドライヤーを用意したら、立ち上げたい方向とは逆にブラッシングしながらドライヤーをあてます。これを数回くりかえすことで、毛並みに逆らうようにヘアが立ち上がるため、トップにボリュームが出やすくなります。

ポイントは、根元にしっかりドライヤーの熱が伝わるようにすること。トップを立ち上げるには、根元がしっかりしていることが重要なので、根元からしっかりドライヤーの熱を加えましょう。

大きめカーラーでトップを2方向に巻く


根元から全体的に空気が入ったようになったら、大きめのカーラーを用意します。この時のカーラーは、ホットカーラーではなく、串状のもので髪の毛が巻きつくようなタイプのカーラーを選ぶこと。ホットカーラーだと、カールが強すぎてふんわりした印象には仕上がりません。

カーラーを用意したら、頭皮の真ん中から後ろにむけて1本、前側にむけて1本カーラーをしっかり髪が巻きつくように巻きます。巻き終えたら、こちらもまた根元にもしっかり熱が伝わるようにドライヤーをあてます。暖かい風でドライヤーをあてた後は、冷たい風に切り替えて、同じようにドライヤーをかけます。

暖かい風と冷たい風を交互にあてることで、カーラーで立ち上げた状態をキープしやすくやすくなります。全体にふんわり感が出る状態まで、これを数回繰り返します。

スプレータイプのワックスでもみ込むように


ドライヤーをかけ終わったら、スプレータイプのワックスを用意します。そして、ふんわり感が出ている状態をキープしながら、トップが立ち上がるようにスプレータイプのワックスをもみ込むようなかたちでかけていきます。

ポイントはスプレータイプのワックスを使うこと。普通のワックスですと、べったりした印象になってしまいますし、スプレーだと髪が固まりやすくなってしまうため、ふんわり感を出しつつ、その状態をキープしやすいスプレータイプのワックスがちょうどいいのです。

スプレータイプのワックスをもみ込むようにかけたら、後はあえて手ぐしで全体のスタイルを作っていきましょう。そのほうが自然体な印象に仕上がります。
ふんわりとトップスの立ち上がった髪型は、やわらかい印象を与えてくれるため、女性らしい印象に。乾かす方向を変えたり、ふんわり仕上がるアイテムを使うなど、ちょっとの手間を加えるだけで、自宅でもトップスの立ち上がったふんわりヘアは実現できるのです。そしてあまり時間や手間もかからないのが嬉しいところ。あなたもさっそく試してみませんか?
長岡 宏江
美容ライター・ファッションライター・エディター

Photo by fotolia