あなたは毎日便が出ていますか?何日も便が出ないという方も多いのではないでしょうか。もしかしたら、その便秘の原因は腸にあるかもしれません。そこで今回は、普段からできる腸内環境を整えるちょっとした工夫をご紹介したいと思います。


朝はコーヒーよりも白湯を飲む


あなたは朝起きたてに、コーヒーを飲んでいませんか?それよりコップ1杯程度でいいので水を飲むようにしましょう。すると、胃腸が目覚めるように活性化します。

常温の水や冷えた水よりも白湯がベターです。白湯の作り方と飲み方は簡単です。飲む分量より多めの水をやかんで1度沸騰させたら、50〜60度くらいになるまで冷やします。これを7〜8分程度時間をかけてゆっくり飲みます。これをできるだけ毎日続けましょう。

発酵食品やヨーグルト、野菜を取る


腸内環境を整えるには、善玉菌と悪玉菌のバランスが大切です。善玉菌を多く含む食材として、納豆や味噌などの発酵食品があります。乳酸菌やビフィズス菌を含むヨールグルトでもいいでしょう。

ほかにも腸内をクレンジングしてくれる、ごぼうやひじきなど食物繊維の多い野菜、または、大麦などの穀類などもオススメです。これらの食材をバランスよく取ることが、腸内美人への近道です。

適度な運動やマッサージを


腸内環境を整えるには、適度な運動も必要です。適度な運動は、体を温め、体の内部を活性化させるので、結果的に腸の動きも活発になります。適度な運動でオススメなのが朝ヨガや一駅分歩くこと。何より大切なのは、長く続けることなので、自分にあった運動を選ぶこともポイントです。

運動が苦手な人は、腸をマッサージするのもいいでしょう。マッサージのやり方は簡単。おへそのまわりのお腹に結んだ手をあて、「の」の字をかくように、時計周りにもんでいきます。より効果を高めたいなら、血行がいい状態のお風呂の中でやるといいでしょう。
理想の便の状態は、明るい茶色から黄色と言われています。量は1日にバナナ2〜3本分だとか。また、たとえ便が毎日出ていたとしても、色が黒っぽかったり、くろずんだ緑色をしていたり、臭いが強かったりしたら、便秘を疑って。便秘は何日も続くと辛いだけでなく体にもよくないので、上記のような便の状態が続くなら、ここで紹介したような工夫を取り入れてみてはいかがでしょう。
長岡 宏江
美容ライター・ファッションライター・エディター

Photo by fotolia