夏の紫外線、冷房、汗などでお肌はとても乾燥しています。そのままにしておくと、冬は砂漠のような肌・・・なんてことも。今のうちにお肌をチェックして、少し手間をかけてあげましょう。お肌が乾燥してくると顔に透明感がなくなり、少し浅黒くなります。また、毛穴なども目立ち、綺麗なお肌とは言えませんね。透明感を維持するのはやっぱり水分量です。


まず基本は水分摂取


水分摂取とは言っても「毎日2リットルは飲みましょう」ということではありません。腎機能なども人それぞれですし、代謝率も人によって違います。無理してまで飲む必要はありません。

自分にぴったりの水分量を取りましょう。そして、忘れてはならないのはアルコール、珈琲などは利尿作用があるということです。アルコールや珈琲ばかり摂取して水分を取らないと、水分量は不足してしまいます。この二つを多めにとったときは、水分を意識してとってあげてくださいね。

水分量に合わせて保湿オイルは組合わせてみましょう。


一番重いオイルと言えばアボカドオイル。保湿力が強いからと言って、必要以上に塗るのはあまりよくありません。自分の肌に合うものでセルフマッサージをしてみるといいと思います。

乾燥肌対策として、乾燥がひどい方にお勧めの順番です。

1、アボカドオイル
2、ウイートジャームオイル(小麦胚芽油)
3、セサミオイル
4、アプリコットカーネルオイル
5、ローズヒップオイル
6、ホホバオイル

これらをうまくブレンドして伸び具合などを試しながら、自分に合うものを作成し、入浴中にセルフマッサージなどを行うと血流もアップします。

水分保持に一役かってくれる精油達


別名シワのばしなんて言われている精油達。使わない手はないですね!フランキンセンス、パルマローザがお勧めです。

精油にはいろいろな成分が含まれており、効能などもまだ未解明ものもあります。ですが、昔からいいと言われて続けているものには、やはり効果があるのだと思うのです。植物の力だけでスキンケアをしていた時代の知恵を見直してみてはいかがでしょう。ケミカルなものを使わなくてもお肌は十分元気になるはずです。

乾燥肌にお勧めの精油達


冬に向けてはパチュリがお勧めです。香りが強い精油なので滴数は気をつけなくてはなりませんが、深い香りでもあり、自分の感情をも落ち着かせ、ゆったりとした気分にも。

乾燥肌にはパチュリ、フランキンセンスのブレンドも是非お試しくださいね。

循環を促進する精油達


巡りのいい体はすべてにおいてのアンチエイジングになります。お顔だけに気をとられるのではなく、体全部に気をくばってあげてくださいね。スイートマジョラム、サイプレス、ジュニパー、カユプテ、ゼラニウムなどは、巡りのいい体に一役買ってくれます。

触れることで、全身チェック


「あれ、冷たい?」「かさついている?」「なんだか熱を帯びているみたい・・・」と、自分の手を触れることで気がつくことがあります。入浴後、自分の身体をいつくしみながらケアをしてあげることはとても大切な時間です。
佐藤 ユミ子
アロマセラピスト

Photo by fotolia