お肌の中でも最も悩むパーツであろう、「毛穴」。開ききったポツポツ毛穴をなんとか撃退したい!と日々アレコレ試行錯誤するのに、結果が出ないという方は、ちょっと立ち止まってみてはいかがでしょう。もしかしたらそのケアが原因で毛穴が開いているかもしれません…!


勘違いケア【1】角栓を抜きまくる


まず一つ目の勘違いケアの代表は、とにかく角栓を抜くことに意識を注力しているケアです。具体的には指で押し出す行為もそうですが、ガチガチに乾燥するまで放置した毛穴パックで引き抜く行為も同じ。

毛穴をよく観察してみると、真ん中にポツリと芯があると思います。それがいわゆる「角栓」ですが、この角栓は外部からの汚れや雑菌の侵入を防いでくれる役割もしているんですよね。

確かに角栓を抜くと毛穴自体がキレイになったような気がしますが、角栓を抜いたからといって毛穴が小さくなるわけではありません。気持ち良さでついハマってしまう方も多いこのケアですが、角栓はお肌にとって必要だということを再認識してみてくださいね!

勘違いケア【2】表面がツルツルだと安心する


お次は、お肌の表面を触った時に、ザラつくのがとにかく気になる!という方にありがちなケアをご紹介したいと思います。

よくあるのが小鼻などに直接塗って、ジェルが熱くなるからだんだん毛穴が開いてくる…!といったような商品。確かに温かくなりポカポカする感覚はありますが、毛穴の汚れが落ちて小さくなるということにはイコール関係ではないように感じます。あの温かくなる成分は発熱剤が入っている可能性が高く、自分の体の体温が上がったわけではありません。
また、こすってポロポロ落ちるタイプの毛穴アイテムも△。汚れが落ちているように錯覚しますが、商品が空気に触れて固まりパック剤が固まっている場合がほとんどという印象。

粒子の粗いスクラブ剤でこするのも、お肌を傷つけてしまうので注意が必要です。スクラブをする場合には、植物や果物などから作られたツブツブがオススメですよ♡

終わりに


ギクッ…!と胸が痛くなったあなた。ぜひ優しく毛穴ケアをする意識を持って、デイリーケアを見直してみてくださいね!
HARAKO
コラムニスト・ライター

Photo by fotolia