こんにちは、コラムニストの愛子です!自分の横姿をよく観察してみてください。肋骨がボコッと出ていませんか?それって生まれ持った体型ではなく、肋骨が開いてしまっているからかも……。実は肋骨を締めることで、色んな美容効果が得られるのです!今回は、簡単に肋骨の正しい状態をクセ付ける方法をご紹介します。


肋骨が開いていると・・・?


肋骨が開いているだけで、たくさんの弊害があります。代表的なものをご紹介しますね!

・バストが小さく見える。(アンダーとトップの差が目立たなくなるため)
・横からの姿が分厚くなるため、痩せてもスリムに見えない。
・姿勢が崩れる。
・胃を上手くガード出来ず、食べる量が増す。
・胃腸の働きが弱る(胃下垂になり、下がった胃が腸を圧迫するため)

細いのにバランスが悪い、メリハリがないように見える、そんなお悩みは、もしかすると肋骨が開いていることが原因かもしれません。肋骨が締まってくると、体重は変わっていないのにスタイルが良く見えます。そして見た目の変化だけでなく、少量で満腹感を覚えるようになるのも嬉しいポイントです。

肋骨締め腹筋


肋骨を締めると言っても、どうすればいいのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

肋骨を締めるには、腹筋の上の部分を上手く使えるようにクセ付ける必要があるのです。誰でもやったことがあるような簡単な腹筋運動で意識出来るので、下記を試してみてください!

1)まずは肋骨の位置を手で触って確認しましょう。肺を守るようにして、胸の真ん中(胸骨)から、背中の方(胸椎)にかけて、左右対称に12本ずつぐるっと曲線を描くようにして付いている骨が肋骨です。1番下の肋骨を手で触ってみましょう。そのすぐ下にある筋肉を、今から鍛えるのです。

2)寝転びます。足は伸ばしても、三角に曲げても、やりやすい方でOK。

3)両手を頭の後ろに付けます。

4)頭、肩、胸の順でゆっくり状態を起こします。
※腰は浮かさないようにしましょう。胸を少し持ち上げたところで3〜5秒ほどキープします。開始前に触って確認した部分をしっかり使うように意識しましょう。

5)ゆっくり、胸、肩、頭の順で状態を床に戻します。
1日10〜20回を目安に行いましょう。ただ回数に決まりはありません。日頃使い慣れていない筋肉を目覚めさせ、意識を向けることが目的なので、回数は多くなくてもOKです。無理のない範囲で行ってください。

肋骨が締まってくると・・・


慣れてくると、座っていても立っていても、力を入れるべき場所が分かるようになります。ふとしたときにキュッと力を入れて、肋骨を締めるクセを付けましょう!

肋骨が締まってくると、アンダーとトップの差ができて、バストが強調されます。そればかりか体は薄くなるのでスリムに見え、メリハリボディを手に入れられるのです。

たった1ヶ所矯正するだけで、たくさんの美容効果が期待できます。肋骨が開いていない方も、締めるってこういうことか!と知っておけば、食べ過ぎなどで肋骨が開いてしまうのを防止できるのでおすすめです。ぜひ試してみてください!
愛子
コラムニスト/モデル

Photo by fotolia