前回の記事で、「ベスト体重をキープし、健康で老化のスピードを遅らせれるよう日々意識していること」を箇条書きしていましたが、今回は1つ1つ、さらに詳しくお話させていただきますね。


トータルで見る


【外見上、年齢より若く見えるポイントは、髪質・肌質・体型の3つ!】
同じ顔でも、髪型によってマイナス5才若く見えたりします。その前提になるのは髪の質。水分不足でパサつきのある髪では台無しです。

そしてお肌の影響は大きく、キメが整っていて、すっぴんでも見れる透明感のある肌質であると、ファンデーションを厚く塗らなくても大丈夫。肌質を隠すようにファンデーションを厚く重ねて塗るより、若々しく見えます。

髪質、肌質がきれいでも、体型がきれいでないと台無しです。特に目に付きやすい最低この3つはポイントです。

自分の身体の特徴を知る


【特にプラスに思える部分は大事に伸ばし、コンプレックスはカバー出来るように!】
手足が長いとか、指の形がきれいとか、人それぞれにチャームポイントがあったりします。チャームポイントは何歳になっても特徴として大事にしたいですよね。

手足が長いのだったら、余分な脂肪が付き過ぎないように気を付ければ、さらにきれいに見えるはず。指の形がきれいだと、爪先までお手入れされている方がさらにきれいですよね。コンプレックスの所を十分に上回る程、チャームポイントを生かしましょう。

新陳代謝がうまくできてると感じるか


【健康で、身体が元気であること!】
代謝の悪い身体は、便秘・むくみ・肌のくすみetc.として表われます。また人それぞれに出やすい所があるものです。一般的に代謝が悪いと太りやすくなり、病気ではないけれど疲れやすかったり、だるさがあったりします。

代謝が落ちてると感じたら、運動を取り入れる・食べ物の見直しをする・睡眠の時間を増やすなど、自分に合う方法を見つけて早めに対処します。代謝が良いと総体的に元気です。いつも健康で、身体が元気であること、これは老化のスピードを遅らせるのに大事なポイントです。

My独断実行とその結果


10代後半の時から「老化のスピードを遅らせること」に興味がありました。30代前半の時から外見上“髪・肌・体型”の3つが特に影響があるなと言葉に表して意識していますが、20代前半の時からその3つがポイントであると無意識に感じ、お手入れをしてきています。

榎原 由子
エステティシャン

Photo by fotolia