トイレチェックの達人・NPO法人「Check」代表の金子健二さんと町を歩いてみた。銀座、有楽町、新宿… さまざまな施設のトイレを見て回ったが、そのほとんどが「取材お断り」で、トイレ情報を広く共有することの難しさを実感した。そんな中、トイレ取材を引き受けてくれたのが新宿の京王百貨店。開店前の店内で、進化するトイレの形、ハンディキャップを抱えている人に対して私たちができることを探った。

■トイレ情報も積極公開する京王百貨店

東京都内のデパート、ホテル、ホール、公共施設などでも、多目的トイレは充実してきており、暗い、汚いといった一昔前のトイレはさすがに少なくなっているが、「情報公開」となると厳しい。実際、広報を通して取材を依頼しても、撮影禁止といった条件を示されるケースが目立った。


「ベビーキープ」が設置された男子トイレ

そこで、金子さんが紹介してくれたのが京王百貨店。店舗のユニバーサル化にも積極的に取り組んでいるだけに、トイレも充実しているという。

京王百貨店では、2003年、04年に店内を改修した際に、トイレ設備の充実に取り組み始めた。トイレスペースはすべてフロア部分にあり、車いすでも利用できるようになっている。男子トイレにも「ベビーキープ」や「ベビーシート」が設置され、子どもの世話をしているパパにも優しい。
さらに、靴を脱いで台に乗り、姿見を見ながら気軽に着替えることができる機能まで付いている。

ちなみに、女子トイレも見せてもらったが、柔らかなライトに照らされ、化粧スペースや姿見が並び、一見トイレとは思えないほどだ。

男子トイレに戻り 「だれでもトイレ(多目的トイレ)」を見る。だれでもトイレが男子トイレスペースの中にあるのは、ハンディキャップを持つ人に、わざわざ目立つ場所にある多目的トイレの使用を強いる理由はないとの配慮だ。


京王百貨店の「だれでもトイレ」
スペースは広く、大人が横たわって介助を受けることができるベッドがある。介助の際、扉を開けたままでも外から姿を隠せるように設置されたカーテンは利用者から好評で、お礼の手紙が届いたそうだ。また、同じ男子トイレ内には、人工肛門・人工膀胱をつけて生活している「オストメイト」の方に対応した設備もある。

金子さんによると、多目的トイレのベッドやベビーシートの利用については2つ守って欲しいことがあるという。まず、「短い時間の利用でも転落防止のためにベルトを付けるようにすること」。それと、「使用後は必ず畳む」ということだ。
畳まなければ、車いすの利用者が一人で利用する際大きなバリアになり、使えないことがよくあるという。後から利用する人への配慮も忘れないようにしたい。

■ 私たちが出来ることは何か

京王百貨店の総務部・広報担当の杉本健一さんは、トイレの充実に力を入れる理由について、「さまざまなお客様のニーズに応える責任があります。外出の際や、乗りかえ途中で安心してトイレに立ち寄っていただくことで、お買い物も楽しんでいただきたいのです」と語る。


京王百貨店の杉本さん
普通の店舗では敬遠される1階部分にトイレを設置していること、各階のデザインを変えたり、手洗い場とは別に化粧スペースを設けた女子トイレの充実からも、トイレにかける姿勢がうかがえる。

Check A Toilet ユニバーサルデザイントイレマップ」に多目的トイレの情報を登録するだけでなく、私たちに何か出来ることはないのだろうか。金子さんに聞いてみた。

「トイレを通じて、いろいろな立場の人の具体的な生活を考えてみてほしいんです。たとえば、大好きなおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に外出したときに困ることは何か。お父さんだけで子どもを連れて外出したら何が心配か…トイレを考えることで見えてくることはたくさんありますよ」。

トイレ情報を充実させれば、トイレの整備も進む。そして、普段利用しているトイレ情報を提供するだけで、さまざまな人の生活の利便性が向上して豊かになっていく。

取材を終えると金子さんは、次のトイレチェックのため、新しく開業した東京メトロ「副都心線」の構内に消えていった。


ソーシャルライフの傾向と対策
社会貢献活動というと何だか難しそうだけれど、誰もが社会や人の役に立ちたいと思うものです。このコラムでは、NPOやNGOとの意外な接点など、大きく変わろうとしている「ソーシャルライフ」の傾向と対策を探っていきます。

田中 康文(たなか・やすふみ)
1969年生まれ。アットニューストリーム(@NEWSTREAM)有限会社代表。千葉県NPO活動推進委員。誰もが気軽に社会貢献できる仕組みを考える「ソーシャルライフ・ラボ」の立ち上げを準備中。経団連事務局で企業の社会貢献活動やNPOとの関係強化などを担当、3年間の韓国駐在などを経て独立。「シーズ=市民活動を支える制度をつくる会」プログラム・ディレクターなどを務めた。



 変化の時代を新たなスタイル・価値観で生きる30代男子をつなぐコミュニティメディアです