トキの野生復帰に向けた15回目の放鳥が23日始まりました。
これまでに15羽が飛び立ったということです。
トキ保護センターでは23日午前6時、3カ月訓練を積んだ順化ケージの扉が開けられました。自然に飛び立つのを待つソフトリリース方式で、15回目の今回はオス5羽・メス14羽の19羽が自然界に放たれます。初日は午後3時までに15羽が飛び立ったということです。
佐渡ではこれまでに233羽が放鳥され自然界で生まれたトキを合わせると199羽の生存が確認されています。