酒を飲んで車を運転し衝突事故を起こしたとして、22日、大田市の非常勤嘱託職員の男が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。酒気帯び運転の容疑で逮捕されたのは、大田市の非常勤嘱託職員で大田市長久町延里の岡田宏容疑者51歳です。岡田容疑者は、22日午後5時ごろ、出雲市多伎町多岐の市道で軽乗用車を運転中に別の軽乗用車と衝突する事故を起こしました。事故後の検査で岡田容疑者からアルコール分が検出されたため、警察は酒気帯び運転の容疑で現行犯逮捕しました。この事故によるけが人はいませんでした。岡田容疑者は、建設部土木課の非常勤嘱託職員として道路パトロールを担当していて、22日は休みだったということです。大田市は、本人に事情を聞いた上で厳正に処分するとしています。