ホンダは13日、海外向け主力車「シビック」を国内初公開し、今夏から販売すると発表した。2011年3月の国内販売終了から約6年ぶりの復活となる。往年の主力セダンの投入で、ブランド力の強化を目指す。

 この日、千葉市の幕張メッセで開幕した改造車(カスタムカー)の祭典「東京オートサロン」で発表した。公開したのは国内投入するセダンやハッチバック、スポーツ仕様車「タイプアール」の3モデル。セダンは15年11月に北米で発売して人気を呼んでいる。

 日本仕様のセダンとハッチバックは排気量1.5リットルのターボエンジンを搭載する計画だ。

 シビックは1972年の発売から世界累計2400万台を販売する主力車だが、セダン需要の縮小などで国内販売を終えた。寺谷公良執行役員は「操る喜びを感じてほしい」と話した。

 15日まで開く東京オートサロンではほかに、マツダがスポーツ車「ロードスター」で初代の車体色「クラシックレッド」の復刻モデルを2月28日まで期間限定で発売すると発表した。