2016年11月1日に福岡県北九州小倉にて、「アニソンクラシック北九州2016」が開催される。北九州から新たな文化の発信を!と、行政と民間と九州交響楽団の官民一体で制作するイベントで、アニメやゲームや特撮など日本を代表するサブカルコンテンツとクラシック・オーケストラを融合し、継続的に続けていく企画。

指揮とプロデュースにアニメ・ゲーム・音楽・映画・舞台音楽で幅広く活躍する和田薫さんを迎え、第一部は氏のアニメ作品を特集し、第二部は井上あずみさんをゲストにジブリアニメの世界。今放送中の「D.Gray-man HALLOW」や「逆転裁判」、そして「金田一少年の事件簿」からは第一シーズンからRの音楽。さらにスペシャルゲストとして声優の山口勝平さん(犬夜叉)とゆきのさつきさん(かごめ)をゲストに、「犬夜叉」の名シーンをオーケストラと朗読で綴る「犬夜叉ドラマオーケストラ」が演奏される。

後半は、ジブリアニメの名曲の数々をオーケストラをバックに、井上あずみさんと地元・北九州市小倉少年少女合唱団の演奏でお届け。この企画の特徴は、なんといっても日本のコンテンツを発信するというところ。誰もが知っている日本のサブカルコンテンツをフルオーケストラでステージ作品として楽しむ。そして第一線のゲストに数多く参加してもらう。これを北九州から発信していくとの事。