『がっこうぐらし!』とは、パンデミックにより人々がゾンビ化し崩壊した社会で、学校に立て籠もり寝泊まりする女子高生『ゆき』『りーさん』『くるみ』『みーくん』が学園生活部として活動する様子を描いたアニメです。そのかわいらしい絵柄から萌え系日常アニメと見ていた視聴者を第一話のラストで裏切った事がネットでも話題になりました。今回は、そんな『がっこうぐらし!』の主人公である「丈槍由紀」の魅力について紹介させて頂きます。


⇒丈槍由紀とは?(がっこうぐらし!)
http://www.charapedia.jp/character/info/16454/


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■元気で可愛い

 猫耳帽子に羽のついたリュックを背負ったゆきは、まったく高校三年生には見えません。みーくんも最初は「この人本当に年上?」と疑っていたほどです。そして、いつも元気いっぱいでマイペース、天真爛漫なゆきに、他のメンバーは、時に振り回され、時に救われています。「やるべきことよりやりたいこと!」をモットーに、どんな状況でも楽しむことを忘れない、それが部のムードメーカー「ゆき」です。

■元気の裏側

 いつも元気なゆき。しかし、ゆきにはゾンビの世界が見えていないというショッキングな一面があります。誰もいないところで喋っていたり、ぼろぼろの教室で一人授業を受けたり、ちょくちょくぞっとするシーンや描写が(絵柄と相まって絶妙な怖さなのです)・・・。ゾンビが発生した当初は、泣いてばかりで自分のことを足手まといと責めていたのですが、大好きなめぐねぇこと佐倉慈先生の死がゆきにショックを与え、結果幼児退行のような形で元気を取り戻しました。

 そして、生前めぐねぇに言われた「この先何があっても笑顔を忘れないで」という言葉を、めぐねぇや他の生徒が見える世界で少し不自然ながらも守っているのです。

■唯一の後輩みーくんとの関係

 いつもボケボケのゆきに冷静な突っ込みを入れているみーくん。二人の掛け合いはこの作品の魅力のひとつです。

 みーくんにとってゆきは、はじめこそ「大変な時に能天気すぎる」と思ったり、いないはずの人と喋っている姿に戸惑いもありましたが、ゆきの事を知るにつれ、自分自身もゆきの笑顔に救われたり、ゆきの提案によって一人で立て籠っていたショッピングモールから救出されたことを知り、「先輩は本当にすごい人ですね」と世話の焼けるゆきを他の二人と一緒に見守るようになります。

 一方、ゆきはみーくんが唯一の後輩。初めてみーくんに「ゆき先輩」と呼ばれた時には「もう一回言って」とその感動を噛みしめていました。その後もゆきは何かとみーくんを可愛がっており、時には「頼ってくれていいんだよ」と先輩らしい一面を見せています。りーさんやくるみの前ではやりたい放題も多いですが、後輩にはビスケット(リスペクト)されたいようです。また、先輩にはケーキ(敬意)を持って欲しいらしいです(笑)。

■みんなのことが大好き

 以前は学校で浮いていたゆき。学園生活部で活動するうちに、学校やみんなの事が大好きになり、毎日元気に学園生活を送っています。ゆきにしか見えない人と喋っている姿には狂気も感じますが、間違いなくゆきは学園生活を楽しんでいます。しかし、くるみが負傷し、ゾンビにバリケードを突破され、みんなが大ピンチの時、ゆきはきちんと現実を直視します。みんなを守るため、みんなと卒業するため、ゾンビに立ち向かっていくその姿に、ゆきの成長とみんなへの強い思いを感じるのです。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:佐々朔(キャラペディア公式ライター)