千葉県芝山町の畑で2015年4月、船橋市の女性=当時(18)=が遺体で見つかった事件で、仲間と共謀して女性を生き埋めにして殺害し、財布を奪うなどしたとして、強盗殺人と逮捕監禁の罪に問われた元同級生の無職の少女(19)=船橋市=の裁判員裁判が13日、千葉地裁(松本圭史裁判長)で始まった。少女は「お金を奪うとか殺すとか、(仲間と)事前に話し合ったことはなく、殺意もありませんでした」と起訴内容を一部否認し、弁護側は強盗殺人罪の成立を否定した。



 この事件では、いずれも住所不定で無職の井出裕輝被告(22)と、中野翔太被告(21)が強盗殺人罪などで起訴されたほか、少女の友人の少年(18)が少年院に送致された。中野被告は昨年11月、千葉地裁で無期懲役判決を受け、東京高裁に控訴している。



 検察側は冒頭陳述で「被告人は被害者との間にトラブルを抱えており、被害者の態度に腹を立てた。所持金を奪って殺害しようと考えて井出被告に伝えた」と説明。事件前に殺害の計画をうかがわせる言動などがみられる点も指摘した。



 一方で弁護側は、強盗と逮捕監禁罪の成立は争わないとした上で「井出被告や中野被告と事前に殺害を計画した事実はない。事件当日、畑に行くことも聞いていなかった」と主張。犯行計画は井出被告らが考え、女性を埋めたのも事件の発覚を恐れた中野被告の独断だとして「被告人の行為と被害者が死亡した結果に因果性はない」と述べ、「刑事罰よりは更生教育を図るべき。家裁に戻して少年審判を行うべきだ」と訴えた。



 起訴状によると、少女は15年4月19日深夜、井出被告や中野被告らと共謀し、同じ高校の元同級生だった女性を乗用車に乗せて連れ去り、手足を縛って財布などを強奪。翌20日未明、芝山町の畑で事前に掘っていた穴に女性を埋めて窒息死させたとされる。



 千葉家裁は同年7月、少女の検察官送致(逆送)を決定し、千葉地検が起訴した。