サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第5日は22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台などで3回戦12試合が行われ、J2千葉はJ1で年間順位1位の川崎と対戦。1−1で延長に持ち込んだが、3失点を喫して敗れた。 日本フットボールリーグ(JFL)のホンダFC(静岡)はJ3の盛岡(岩手)を2−1で破って16強入り。J1勢は鹿島、横浜M、神戸、大宮、鳥栖なども勝ち進み、J2清水も勝った。 4回戦は11月9、12日に開催。アジア・チャンピオンズリーグ出場の広島、G大阪、浦和、FC東京が加わり、10月4日に組み合わせ抽選が実施される。◆「小さな差が大きな点差に」 奮闘むなしく、最後に崩れ去った。格上に対し延長戦に持ち込むも、千葉が2年連続3回戦で涙をのんだ。長谷部監督代行は「持っている能力は出し切ったが…」と唇をかんだ。 川崎の森本にミドルを食らい先制を許すが、こちらも古巣相手に船山が燃えた。後半6分、井出の低いクロスに右足を合わせ同点弾。その後はJ1で上位争いを戦う相手に対し、互角の戦いを演じ続けた。 しかし、好機を決めきれず空砲が相次ぐと、延長で流れを失い3失点。たたきのめされた。 シュート数は相手の20に対し19本。「小さな差が大きな結果に変わった」と指揮官。ボールの置き所、スペースへの運び方。攻め方は似ていても、120分通し「質」で劣っていた。「決めきる部分。その差」と船山。井出のパスは称賛するが、逆転へ持ち込めない決定力を悔やむ。 今季の戦いはリーグのみに絞られた。船山は「この経験を無駄にしないようにしたい」。目指す舞台にいる相手から学んだ内容を、中2日で迎える次戦につなげたい。