くまモンと強力タッグだ
 熊本地震で被災した工芸作家の作品を中心に展示する特別企画展が、金沢市兼六町の県立伝統産業工芸館で開かれている。熊本、石川両県のキャラクター、くまモンとひゃくまんさんが二十二日、同市広坂のしいのき迎賓館前で企画展をPRするため、約一年ぶりに共演した。
 くまモンが登場すると、集まった女性や親子連れから「かわいい」と歓声が上がった。この後、ひゃくまんさんが悠然と現れると、くまモンが手を引いて迎えに行き、一緒に「ひゃくまんさん小唄」や「くまモン体操」を踊った。
 くまモン体操では、両者ともに手が短いため、頭の上で山を作って熊本城を表すことができないなど、息ぴったりの“ボケ”で笑わせた。最後に握手を交わして、友情を誓った。
 特別企画展「がんばるけん!くまもとけん!」は、石川県立伝統産業工芸館と熊本県伝統工芸館が共催。熊本県御船町や西原村などの七つの窯元で作られた陶磁器を中心に、約三百点が展示販売されている。くまモンの工芸品もある。十月十日まで。 (督あかり)