9月22日(木)、お台場シネマメディアージュにて映画「闇金ウシジマくん Part3」の公開初日舞台挨拶が開催。主演の山田孝之さんほか、総勢13名が登壇する豪華イベントとなりました。

p9220398_1280(左から上段、山口雅俊監督、やべきょうすけ、高橋メアリージュン、筧美和子、崎本大海、山田裕貴、下段、藤森慎吾、白石麻衣、綾野剛、山田孝之、本郷奏多、最上もが、浜野謙太 ※敬称略)

今作は、日雇い労働で食いつなぐ生活から抜け出すべく、フリーエージェントになり人生の一発逆転を狙うフリーターの沢村(本郷奏多)と女関係にだらしないサラリーマン・加茂(藤森慎吾)を中心にストーリーが展開。マネーゲームでのし上がるべく苦心し、どんどん危険な状況に追い込まれていく沢村と欲に埋もれて色々なものを失っていく加茂、そして、決して借金回収の取りこぼしはしないウシジマくんの姿が見どころです!

p9220171_1280

「今日は人が多くて時間がないので、なるべく早口でしゃべろうと思います」と笑いを取った、山田孝之さんの挨拶のあと、映画にちなんで「生き残るのは誰だ!?サバイバル力を試せ!」という企画が行われました。

p9220207_1280「もし無一文になってしまったら、どうやって生きていくか?」という質問に、キャストたちが事前に書いていたフリップで回答します。フリップを出すタイミングに、ムードメーカーのやべさんが「ジャジャン!!」という効果音で盛り上げ、それぞれの回答が発表されました。

p9220180_1280

沢村真司役・本郷奏多「処世術」

「こう見えてコミュニケーション能力が非常に高くてですね」という本郷さんの発言に、会場からは笑いが。「ちょっと!「え?」っておかしくないですか?結構大人に気に入られるのが得意なので。あと、いざとなったら大切な人も犠牲にできるので、なんとでも生きていけると思います」と、なんともウシジマくんの作風に合った(?)過激な回答をしていました。

p9220190_1280

麻生りな役・白石麻衣「乃木坂のメンバー」

アイドルグループ・乃木坂46に所属する白石さんは「いろんな趣味や特技を持ったメンバーがたくさんいるので、メンバーに助けてもらいたいと思います」と、大人数グループのメリットを生かしつつ、メンバー仲を感じさせる回答を。

p9220196_1280

加茂守役・藤森慎吾「ヒモ」

「白石さんとちょっとかぶっちゃうんですけど…。これまで培ってきた人脈やメンバーに助けてもらうという意味で「ヒモ」!…ややウケですかね」と、しょんぼりする藤森さん。そんな回答に対して、綾野さんにじっと見つめられた藤森さんは「剛さん、俺をなんちゅう冷たい目で見てるんですか!もう次行ってください…」とお手上げ状態に。そこへ追い打ちをかけるように、山田孝之さんが「もうちょっと続けてください。笑いが起きるまで」とウシジマ社長のようなドSぶりを発揮する一幕も。

p9220205_1280

天生翔役・浜野謙太「宴会を盛り上げられる流しのダンサー」

「バンドをやっているので、それを生かして。どんな曲でも踊れるので」という浜野さんに、「あやまんJAPAN的なことですか?」と山田さんが聞くと、会場からは笑いがこぼれながらもステージは微妙な空気に…。「あやまんJAPANは俺がやってたやつだから…」と藤森さん。「あの二人(山田・綾野)は邪魔してきますから気をつけてください!」と小声で浜野さんにアドバイスしていました。

p9220217_1280

花蓮役・筧美和子「実家の天ぷら屋でバイト」

「賄いの天ぷらを食べていれば生きていけると思うので、それも見込んで」と筧さん。やべさんは「こんな可愛い子がバイトしてたら、行きたいですね!」と、自身が演じる女好きな江崎さながらのコメントを。ちなみに実家のお店の名前は秘密なんだそうです。

p9220218_1280

清栄真実役・山田裕貴「人望」

「人望が自分にあるかどうかはわからないんですけど…。怖い顔をしてるって言われるんですが、その分ちょっと優しくしただけでいい印象を持ってもらえるので、人望も勝ち取りやすいかな、と(笑)」と回答。ウシジマくんの現場での人望については、共演シーンがなくて…ということでしたが、「憧れの山田さんや綾野さんと同じ作品に出られて幸せでした、というコメントもしていました。

p9220233_1280

犀原茜役・高橋メアリージュン「犀原茜がののしってあげます。1回500円〜という看板を持ってハチ公前に立つ」

「500円からなんで、それだけじゃ済まないと思います。(金額は)私が決めます。映画が公開したんで、ちょうど人も集まりやすいかな?って」とおっとり話す高橋さんに、「あなたがハチ公の前に立ってたら、映画関係なく普通に人集まるでしょ!」と思わず突っ込みを入れるやべさん、「私、行きます〜」とノリノリの最上さんでした。

p9220238_1280

モネ役・最上もが「パンってやったら消える」

特殊能力と勘違いしていたという最上さん。「変な答え書いちゃった!パンってやったら、最上もがが消えて、みんなの記憶からもさよならしたらいいかなって。みんなもっとはちゃめちゃなのを書くと思ってたら普通の答えだった」と恥ずかしそうにしていました。

p9220245_1280

江崎役・やべきょうすけ「講演」

「この業界が長いといろんなところでいろんな人の話を知ってるので。暴露本を出すと、いろいろ大変なので、講演でしか聞けない話で金儲けしようかなと」というやべさんに、「誰のことを話すのかな?と思って」と山田孝之さん。「それは山田孝之でしょう!すぐ人集まるでしょ!俺のツイッターに山田くんの写真載せてくださいとか来るのよ!?」とやべさんが強気で答えると、山田孝之さんは「人を売って生きていくということですね。さすがっす」と返し、変な空気を作って淡々とやべさんを追い詰めて笑いをとっていました。

p9220262_1280

高田役・崎本大海「家庭教師」

「勉強も得意ですし、持ち前の甘いマスクもありますので」と笑いを取りつつ、「子供のお母さんにも気に入られて「昼顔」を狙って頑張っていこうかなって」と元ホストの高田のキャラにも合った回答をします。

p9220269_1280そこへ山田孝之さんが「甘いけど濃いから、ソースって感じだよね。中濃ソース」と突っ込みを入れると、「社長は特濃ソースですね」と切り返し、長い付き合いを感じさせる掛け合いを見せていました。

p9220295_1280

戌亥役・綾野剛「無策の策」

「無一文ではないですけど、所持金100円代とかになったことは全然あるので、その時に策なんかないよね。策使い切った結果、そうなってるわけだからね」と自分の経験談から、妙に説得力のある回答をする綾野さんでした。

p9220284_1280

牛嶋馨役・山田孝之「バイトします」

「バイトしま〜す。受かればなんでもいいですよ。コンビニでもなんでも。だってお金ないんですもん」という山田孝之さんに、思わず「すごいっすね…」とこぼす藤森さん。「家賃とか光熱費とか携帯電話とか、生きてるだけでホントにお金がかかるから…」と、ウシジマくんのキャラとは一転して、なんだか後ろ向きな発言も飛び出しました。

舞台挨拶レポートの最後に、山田孝之さんの代弁も含めた綾野剛さんのコメントとイベントを締めくくった山田孝之さんのコメントをご紹介します。p9220407_1200綾野剛「ウシジマくんは次でファイナルですけど、孝之たちは6年、僕は4年。毎回新しいキャストの皆さんも作品を支えてくださって、こうやって皆さんが集まってくれることで、この作品がファイナルまで迎えられたのかな、と嬉しく思っております。孝之はそういうことを言わないので、僕が代わりに言います。ありがとうございます」

山田孝之「初日に来てくれてありがとうございます。楽しんでもらえると思います。1ヶ月後にファイナルの公開もあるので、そちらも見てください。今日はありがとうございました」

p9220418_1280お台場シネマメディアージュには、カウカウファンナンスメンバーと写真が撮れるパネルも。映画「闇金ウシジマくん Part3」に続き、10月22日(土)にはシリーズ最終作となる「闇金ウシジマくん theFinal」も公開となります。どちらも見逃せません!