初野晴の青春小説「ハルチカ」シリーズを、Sexy Zoneの佐藤勝利と橋本環奈のW主演で実写映画化する映画『ハルチカ』の特報映像が解禁となり、併せて小出恵介が出演することが明らかとなった。さらにシネマズに、原作者・初野晴と、市井昌秀監督からの映画化についてのコメントも到着している。

映画『ハルチカ』小出恵介が音楽教師役に!

ハルチカ 橋本環奈 劇中カット1

ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった2人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入部を心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はなんと廃部寸前の危機だった!大好きなフルートを諦めきれず、チカはホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに走り回る。ワケありのメンバーたちだが、それでもなんとか部の復活に漕ぎ着けたチカたちは、コンクール出場という一つの目標に向かって直向きに突き進む――

ハルチカ 橋本環奈 劇中カット2

映画『ハルチカ』は、初野晴による同名人気小説シリーズを実写映画化する作品。幼なじみである強気なチカと弱虫ハルタが、吹奏楽を通して気持ちをつなげてゆく純愛ストーリー。

気が優しくちょっと頼りないけど頭脳明晰にしてホルン奏者というモテ系美男子高校生・ハルタをSexy Zoneの佐藤勝利が、ハルタと幼なじみで少し気は強いがまっすぐで明るい、フルート初心者のヒロイン・チカを橋本環奈がW主演で演じる。その他のキャストには、恒松祐里、清水尋也、前田航基、平岡拓真、上白石萌歌、二階堂姫瑠らフレッシュな面々が脇を固める。

メガホンをとるのは『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督。映画オリジナルストーリーとして、多感な高校生たちが経験する挫折や痛み、そしてハルタとチカに訪れる淡い初恋を、吹奏楽の音色にのせて爽やかに描く。

このたび本作に小出恵介が出演することが明らかとなった。

ハルチカ 小出恵介

小出恵介が演じるのは、かつて将来を嘱望された指揮者という過去をもちながら、ハルタとチカが通う清水北高校に音楽教師として赴任し、吹奏楽部の顧問となる草壁信二郎。ハルタとチカが吹奏楽部を立て直すのを影で応援し、コンクール出場へと導いていく、物語の中でとても重要な役割を果たす役どころとのこと。

さらに今回の発表にあわせて、原作者・初野晴と、市井昌秀監督からの本作の映画化についてのコメントもシネマズに到着した。

初野晴/原作者

高校生を題材にした小説を書くとき、ノスタルジーと成長以外の何があるのかを意識して書きます。それを踏まえたうえで、市井監督との初顔合わせのとき、「ハルタとチカと草壁先生が出ていれば何をやってもいいです。その代わり原作者と原作のファンに映画の尺に合った完全新作を見せてください」とお願いしました。劇場版では原作になかったチカの挫折とリカバーが描かれます。そのリカバーに映画ならではの面白さが詰まっています。監督の作家性が色濃く出ているシーンも多々あり、スクリーンに登場する高校生たちは地面から数ミリ浮遊して生きていました。完全新作のハルチカ、ご期待ください。

市井昌秀監督/脚本・監督

原作がもつ数ある魅力的な要素から、<心に痛みを持つ人たちがそれぞれの居場所を取り戻す>という要素に焦点を当てることで登場人物を丁寧に描き、吹奏楽のもつ意味を重ねながら、オリジナルストーリーとして生まれ変わらせました。もう一つの「ハルチカ」が一人でも多くの皆様の心に届くことを切に願っております。


公式サイトでは、特報映像ならびにティザービジュアルが解禁されている。映画『ハルチカ』は、2017年3月4日(土)より全国ロードショー。

ハルチカ ティザー

(C)2017「ハルチカ」製作委員会