RANMARU 神の舌を持つ男 市川隼人 落合モトキ 永瀬匡

堤幸彦監督・原案の映画『RANMARU 神の舌を持つ男』から、市原隼人、落合モトキ、永瀬匡の3人の場面写真が解禁となった。

映画『RANMARU 神の舌を持つ男』強烈なキャラクター3人

「絶対舌感」という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸(向井理)は、唯一、口内細菌を気にすることなくキスできる相手に失恋し、傷心の旅の途中、行き倒れてしまう。気がつくと、そこは怪しげな鬼灯村。人工呼吸された時、その口内の細菌になぜか不快感のなかった女医・りん(木村多江)に興味をもった蘭丸は、伝説の三助として語り継がれる「大津のヘースケ」の孫であることを生かして、村の温泉で働くことにする。甕棺墓光(木村文乃)と宮沢寛治(佐藤二朗)が蘭丸を追って村にやって来た頃、村の空気は次第に不穏さを増していく――

RANMARU 神の舌を持つ男 ポスター

映画『RANMARU 神の舌を持つ男』は、堤幸彦が20年来温めてきたアイデアを原案に、向井理主演で連続ドラマ化した作品の映画化作品。濃過ぎるキャラたち、ハイブローなギャグ、2時間サスペンス風味、ちょっぴりのエロス、ラブも少々、田舎で起る殺人事件、ちょっぴりの社会派視点、坂本冬美による演歌の主題歌「女は抱かれて鮎になる」と、てんこ盛りの内容で劇場に挑む。

RANMARU 神の舌を持つ男 市川隼人 落合モトキ 永瀬匡

俳優・市原隼人が演じるのは、しなびた鬼灯村の温泉旅館・菩辺美庵(ぼへみあん)の若旦那・野々村龍之介役。全身ウエスタンで、クールに決めるポーズとは裏腹に山形弁を巧みに操るテキサス男を演じる。

注目の若手俳優・落合モトキは、若手刑事・ワカ役。監督から顔と髪型が似ているということで急に某人気ロックバンドのボーカル&ギターを崇拝したという、なんともロマンスがありあまるキャラ設定となった。ワカ以外は若手じゃないのかも気になるところだ。

そして同じく人気若手俳優の永瀬匡が、木村多江演じる村医者・ りんと恋仲だと噂されたあげく、死体で発見される卜真(うらない・まこと)役を演じる。

映画『RANMARU 神の舌を持つ男』は、2016年12月3日(土)より公開ロードショー。

(C)2016 RANMARUとゆかいな仲間たち