Acid Black Cherry(アシッド・ブラック・チェリー)の音楽アルバムを原作に、主演・広瀬アリスで描く映画『L−エル−』から特報映像ならびに、劇中写真が公開となった。

広瀬アリス主演!映画『L−エル−』劇中写真

L−エル− 広瀬アリス

“色のない街”で生まれ、両親に愛情を注がれて幸せに育った少女エル(広瀬アリス)。ところが両親の突然の事故死により、エルの人生は一変していくこととなる。悲しみに打ちひしがれる幼きエルを得意の絵で元気づけたのが、幼なじみの絵描きの少年オヴェス(古川雄輝)だった。エルとオヴェスは互いを励ましあいながら生きてきたが、成人したエルは“ある選択”を迫られ、突然消え去るように故郷から去っていき、2人は離れ離れになる。誰かを信じては裏切られ、また誰かを信じては傷つけられ、襲い掛かる運命に翻弄されながら波乱の人生を懸命に生きたエル。そして遠い故郷からエルを想い続けたオヴェス。2人の生涯を綴った壮大な物語が“真実の愛”とは何か――

L−エル− サブ4

映画『L−エル−』は、人気ロックアーティストのAcid Black Cherryが2015年にリリースした4枚目のアルバム「L−エル−」を原作に、完全映画化する作品。暗く灰色がかった街で育ったエルが、数奇な運命に翻弄され孤独を味わいながらも愛を探し求める物語。メガホンをとるのは下山天監督。

少女時代から老いゆく姿までのエルを広瀬アリスが演じる。また、エルを生涯かけて愛し続ける男・オヴェス役を古川雄輝が演じるほか、高橋メアリージュン、平岡祐太、前川泰之、成田凌、弥尋、Mikako(FAKY)、古畑星夏、田中要次、高橋ひとみらが脇を固める。

このたび本作から、広瀬アリスの他に、古川雄輝、平岡祐太、成田凌、弥尋の劇中写真が到着した。

L−エル− サブ1 L−エル− サブ3 L−エル− サブ6

エルを生涯かけて愛し続ける男・オヴェス(古川雄輝)は雪が降りしきる中、遠くを見つめる。その他、夢を追う劇団青年(平岡祐太)がエルの肩に手を添え抱き寄せているシーンや、元銀行員(弥尋)と添い寝するエルのカットも確認できる。

映画『L−エル−』は2016年秋11月25日(金)より、全国ロードショー。

(C)2016映画「L−エル−」製作委員会