平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した、朝井リョウによる同名ベストセラー小説を映画化する『何者』が、今週末10月15日より公開となる。

「はたして自分は何者なのか。」映画『何者』

何者 サブ6

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった――

何者 映画

映画『何者』は、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した、朝井リョウの同名ベストセラー小説を映画化する作品。

主人公の冷静分析系男子・拓人役を佐藤健が演じるほか、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之ら、世代を代表する若手実力派俳優陣が集結し、“恋愛・友情・就活・裏切り”という現代のリアルな青春物語を描く。監督・脚本は、演劇界の若き鬼才・三浦大輔。

映画『何者』は2016年10月15日(土)より、全国東宝系にてロードショー。

何者 映画 何者 サブ1 何者 サブ2 何者 サブ3 何者 サブ4 何者 サブ5 何者 サブ6 何者 サブ7 何者 サブ8 何者 サブ9 何者 サブ10 何者 サブ11 何者 サブ12 何者 サブ13 何者 サブ14 何者 サブ15 何者 場面1 何者 場面3 何者 場面4 何者 場面5 何者 場面6 何者 場面カット 何者 ポスター 何者 本ポスター

(C)2016映画「何者」製作委員会