本木雅弘主演の映画『永い言い訳』に木村多江、マキタスポーツ、サンキュータツオ、プチ鹿島がカメオ出演していることが明らかとなった。

映画『永い言い訳』に木村多江らカメオ出演

永い言い訳

人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)は、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにその時、不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族――トラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが――

永い言い訳 サブ3

映画『永い言い訳』は、西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化する最新作。ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描きだすラブストーリー作品。

主人公の幸夫役に昨年度日本アカデミー賞最優秀助演男優賞等を受賞した本木雅弘。そのほかミュージシャンの竹原ピストル、池松壮亮、黒木華、山田真歩、堀内敬子、深津絵里など、実力派俳優が脇を固める。

永い言い訳 サブ1

本作に木村多江、マキタスポーツ、サンキュータツオ、プチ鹿島がカメオ出演していることがあきらかとなった。

木村多江の出演シーンは、妻・夏子が事故で亡くなり、テレビの取材を受ける幸夫の元に、安藤奈緒美と名乗る幸夫の学生時代の同級生から電話がかかってくる場面。電話の主が女優・木村多江だというもの。

永い言い訳 サブ13

また、夏子と共に事故で亡くなったゆきの夫・大宮陽一(竹原ピストル)が、トラックの中で、事故のあった日、ゆきから残されていた留守番電話の最後のメッセージを消去できず繰り返し再生しては、泣き崩れるシーン。陽一が車中で流しているラジオ番組が、現在オンエア中であるTBSラジオの番組『東京ポッド許可局』。実際に番組の中でパーソナリティをつとめるマキタスポーツ、サンキュータツオ、プチ鹿島の3人が、映画用に収録した秘蔵音声を聴くことができる。

映画『永い言い訳』は、2016年10月14日(金)より全国ロードショー。

(C)2016「永い言い訳」製作委員会