現在大ヒット公開中の映画『君の名は。』が、興行収入150億円を突破したことがあきらかとなった。

映画『君の名は。』興収150億円を突破!

映画『君の名は。』は、夢で見た少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。山深い田舎町に暮らす女子高校生が夢で見た、東京に暮らす男子高校生、世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマを描く。気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の3年ぶりの新作。

君の名は。 サブ10(C)2016「君の名は。」製作委員会

8月26日に全国301スクリーンで公開されるや、幅広い世代から支持を集め、公開3日間で動員95万人、興行収入12億円を記録。9月22日には興収100億円を突破し、ランキングでも首位をキープする快進撃を続け、公開から52日経った10月16日に観客動員1100万人、そして興行収入がついに150億円を突破するに至った。詳細の記録は以下の通り。

映画『君の名は。』8月26日(金)〜10月16日(日)までの52日間動員11,842,864人興収15,414,488,300円