夜神里奈の同名人気コミックを、主演・土屋太鳳、片寄涼太、千葉雄大の3人の共演で実写映画化する『兄に愛されすぎて困ってます』から、劇中衣裳“仲良し”3ショット写真が初解禁となった。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』劇中衣裳“仲良し”3ショット

告白12連敗中で全くモテない女子高生・橘せとか(土屋太鳳)は、恋に恋するちょっと恋愛体質な女の子。そんなせとかをずっと見守ってきたのは、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・橘はるか(片寄涼太)。2人は血がつながっていない兄妹だけど、その事実を知っているのは兄のはるかだけ。そんな中、突然せとかに人生初のモテキが訪れた!初恋の相手で憧れの人、でも超毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺(千葉雄大)が数年ぶりに現れて、せとかに急接近。さらに、続々と年上イケメンたちに愛されはじめて――

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は、「兄こま」の通称で呼ばれる、夜神里奈の同名人気コミックを実写映画化する作品。いつも自分のことを第一に想い、守ってくれるオトナな年上イケメン=そんな“兄系イケメンズ”たちが次々と登場する、甘く切なくちょっぴりキケンな、“愛されすぎ”ラブストーリー。

主人公・橘せとかを、土屋太鳳が演じるほか、せとかの兄・はるかを、本作が映画初出演となるGENERATIONS from EXILE TRIBE・ボーカルの片寄涼太。そして、せとかの初恋の相手・芹川高嶺を千葉雄大が演じる。メガホンをとるのは河合勇人監督。

このたび本作から、劇中衣裳“仲良し”3ショット写真が初解禁となった。

兄に愛されすぎて困ってます 3ショット(C)2017「兄こま」製作委員会 (C)夜神里奈/小学館

これまで、『orange-オレンジ-』や『青空エール』で女子高生役を演じ、制服姿を披露してきた土屋だが、本作では、ある日突然人生初のモテ期が到来、“兄系イケメンズ”に愛されまくって大パニック!な女子高生役に初挑戦。また片寄は、髪型・制服・ヘッドフォンに至るまで、まるで漫画からそのまま飛び出してきたかのように、原作のはるかのイケメンお兄っぷりを完全再現。千葉雄大も、普段の柔らかいイメージとはギャップたっぷりの超ドS・毒舌キャラを熱演し、原作とは少し異なる設定となる高嶺役を、オトナの色気たっぷりの表情で演じ、片寄演じるはるかに対抗する。

撮影現場では、常に話題が尽きることがないほど、仲が良かったという3人。土屋は、片寄に初めて会った瞬間から「お兄(おにい)だ!」と確信したそうで、映画初出演となる片寄も、そんな土屋をはじめ、周りのキャスト・スタッフの温かさに助けられ、自然と役に入り込めたと語る。

また現場以外でも、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルとして活躍する片寄が出演するライブを観に行ったという土屋と千葉。いつもとは違う片寄の姿に大感動し、千葉は髪が乱れてしまうほど楽しんだという。解禁された写真も、そんな和やかな現場の雰囲気が伝わる1枚となっている。また、本作の原作が連載中の「Sho-Comi」22号でも、初掲載の秘蔵現場カットを掲載予定とのこと。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は2017年夏、全国ロードショー。