女優の宮沢りえが20日、都内で行われた主演映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の完成披露試写会&舞台あいさつにメガホンを取った中野量太監督と出席し、めずらしく作品の出来に自信を抱いていると話した宮沢は、監督に「良い映画にできなければ燃やす」と言ったことを暴露され、照れ笑いを見せた。この日は、共演の杉咲花、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼も登壇した。

 本作は、ある日突然「余命2か月」と宣告された幸野家の母・双葉が、ぜったいにやっておくべきことを決めて実行していく中で、家族との絆を深めていく姿を描く。主人公の双葉を演じた宮沢は、「いつもは自信がない方なんですけど、この作品は心から自信を持ってお届けできると思います」と自信たっぷり。

 中野監督は、「ちょうど撮影が終わったときに、りえさんが僕に『脚本も良い。芝居もみんな良い。これで面白くできなかったら、監督燃やすからね』と言われたんです」と告白。続けて、「(本作が)面白いということがまわりまわって、りえさんの耳に入るようにしてもらえたら、僕は生きながらえると思うので」と観客に口コミをお願いして笑いを誘っていた。

 一方、双葉の娘・安澄にふんした杉咲は、宮沢との共演に緊張していたそう。「緊張しないように、自分と闘わないとなと思っていたんですけど、インする前におかあちゃん(宮沢)が、『どれだけ現場で時間がかかっても、気にしなくて大丈夫だよ』と言ってくださって。その言葉によって、宮沢りえさんと共演することの、必要以上の緊張感が排除されました」とにっこり。これを受けた宮沢は、「すごく器用な方ではないので、NHKの朝ドラとかで、大丈夫かな〜、自分のやりたいこと、やれてるかな〜と気になって(笑)。家族ですね。この映画を通して生まれた、家族という感じがします」と撮影後も母親らしい目線で見守っていることを明かしていた。(取材・文:岸豊)

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は10月29日より新宿バルト9ほかにて公開