EXILETAKAHIROが21日、都内で行われた『HiGH&LOW THE RED RAIN』レッドカーペットセレモニー&完成披露舞台あいさつに登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)と共に登壇し、撮影中、EXILE・HIROを笑わせようと、全裸で階段を駆け上がるという自身の“全裸カット”を撮影しようと目論むが、登坂に嫌われるのをおそれて断念したという可愛いエピソードを披露した。この日は、斎藤工、山口雄大監督、HIRO、平沼紀久(脚本・プロデューサー)も来場した。

 EXILE TRIBE によるメディアミックスプロジェクト「HiGH&LOW」企画の劇場版第2弾となる本作は、兄・雅貴(TAKAHIRO)と弟・広斗(登坂)の雨宮兄弟と、彼らが探し求める失踪した長男・尊龍(斎藤)の切なくも激しい物語が、華麗なアクションシーンと共に描かれる。

 海外ロケでの撮影中、TAKAHIROは「HIROさん用に全裸カットを撮りたい」と言い出し、肌色のタイツの用意やカメラをセッティングしてもらうなど、着々と準備を進めたそうだが、直前になって急きょ中止に。その理由は、登坂がシリアスなシーンの撮影中で集中していたためで、「その隣でそれ(全裸)をやると、いよいよ嫌われるぞと思い、遠慮しました」と告白。

 一方の登坂は、「控え室に戻った時に何か準備している」と思ってスタッフに確認したところ、TAKAHIROの目論見を知り、「巻き込まれたらどうしよう……」と口数が減ったとか。その後、撮影が終わると一人でさっさとロケバスに乗り込む登坂を見かけたTAKAHIROは、「噂を聞きつけただけで嫌われたか……」と思いしょんぼり。山口監督は「そのあと、(登坂の)機嫌を取りに行ったり、しきりに僕はやりませんと言っていました」とTAKAHIROの必死な様子が想像できるシチュエーションを暴露し、ファンを喜ばせた。

 そんな二人が演じる雨宮兄弟の長男役として出演する斎藤は、HIROから「この二人の長男だから、強さも含めて、相当カッコ良くて存在感がある方」という理由でオファーされたことを聞き、「プレッシャーで押しつぶされそう」と苦笑い。さらにTAKAHIROが「あのテレビで見ている工さんが俺らの長男か!」と話を聞いた時にミーハー心がくすぐられたことを明かすと、「こちらの台詞ですよ」と恐縮。しかし現場では皆、自然と役に入れたといい、TAKAHIROは「3兄弟がそろった時は感動しました」とベストキャストであったことをうかがわせ、観客の期待をあおった。(取材/錦怜那)

『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日より全国公開