米テレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」にジェーン・リンチが8年ぶりにゲスト出演すると TV Guide.com が報じた。

 ジェーンは同ドラマでスペンサー・リード(マシュー・グレイ・ガブラー)の母親ダイアナを演じており、彼女の出演エピソードはどれも印象的なものとなっている。最後に登場したのは2008年にアメリカで放送されたラスベガスを舞台にした第4シーズンの2エピソードだった。

 エグゼクティブプロデューサーのエリカ・メッサーによると、ジェーンが再登場するのは新シーズンの2エピソードで、リードに重点を置いた第11話からお目見えするとのこと。「わたしたちも興奮しています。リードの楽しいストーリーで、ジェーンも再びダイアナを演じることを楽しみにしています。最近の彼女はとても忙しいようですが、わたしたちのドラマは今も健在ですので、彼女に再登場の機会をオファーできることをうれしく思います」と言っている。

 大ヒットドラマ「Glee」が終了した後のジェーンは、「エンジェル・フロム・ヘル(原題) / Angel from Hell」にキャスティングされていたが、残念ながら打ち切りに。おかげで7年ぶりに連続ドラマに出演契約をしていない状態となり、ゲスト出演が実現したようだ。

 ジェーン自身は出演していないものの、ダイアナの様子はこの8年間でストーリーのそこかしこにちりばめられていた。第11シーズンの最後にはリードが認知症の症状が出始めた母親と一緒にパリに旅行するという筋書きも紹介されており、新シーズンの第1エピソードでは、その旅行について触れるという。「ダイアナはいい状態で戻ってきます。だからみんな喜んでいるんです。とても大きなストーリーだからこそジェーン自身にゲスト出演してもらうことが大事だったんです」とエリカは語っている。

 「クリミナル・マインド FBI行動分析課」の第12シーズンはアメリカで9月28日から放送がスタートする。(澤田理沙)