関ジャニ∞大倉忠義が25日、都内で行われたテレビアニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」完成披露試写会・トークイベントに登場し、今年1月に腸閉塞で入院したときにメンバー愛をひしひしと感じたことを打ち明けた。

 巨大なモンスターを狩猟する人気アクションゲーム「モンスターハンター」シリーズの「モンスターハンター ストーリーズ」(ニンテンドー3DS用ソフト/10月8日発売予定)を基にした本作は、モンスターたちと絆を結び、共に生きるライダーたちの物語。世界一のライダーになることを夢見る少年リュートが、仲間と共に繰り広げる大冒険を描く。

 関ジャニ∞が本作の主題歌「パノラマ」を歌うことから、この日は全メンバーが登壇。作品に因み、メンバー同士の絆について質問された安田章大は、「仕事でメンバーに会うことが多いので、1、2日でも会わなかったら、メンバーが何してるのか、最近ご飯をちゃんと食べてるのか、生活できているのかが気になってくる」と吐露すると、「絆がないとそう思わない」とキッパリ。その言葉を受けて、大倉は「優しいなぁ。確かにねぇ」とうなずくも、村上信五は「みんなが何食うてるかは別にどうでもええですけど」とニヒルなコメントで笑いを誘った。

 しかし、大倉が1月に腸閉塞でドームツアーを休演した際は「メンバーやスタッフの強いつながりは改めて確認できました」と語る村上。大倉も「もちろん(愛を)感じました。病院のベッドの上で、みんなからの優しいメールを見ながら泣きそうになりました」と告白。とはいえ、実際には泣かなかったそうで、「それは言わんでええ」と村上らからツッコまれ、爽やかな笑顔を見せていた。

 イベントでは「関ジャニ∞のライダーになろう!」と題して、足つぼシートの上での縄跳びや、観客を交えてのジェスチャーゲームにチャレンジする企画も実施。優勝し、ライダーとして声優出演できる権利をゲットした村上は「また忙しくなっちゃう」と喜ぶと、「僕の美声がとどろくオンエアの回をぜひご覧ください。精いっぱいやって来ます!」と元気にアピールした。(取材/錦怜那)

アニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」(毎週日曜あさ8時30分〜)は10月2日よりフジテレビ系で放送スタート