ロバート・デ・ニーロとザック・エフロンがW主演を務めるバディコメディー『ダーティ・グランパ』が来年1月6日より全国公開されることが決定した。

 1週間後に結婚を控えた真面目すぎる弁護士ジェイソン(ザック)は、突然の祖母の訃報を受け、葬式に駆けつけるが、妻に先立たれ意気消沈した祖父ディック(デ・ニーロ)から半ば強引に誘われ、祖母の思い出の地であるフロリダに傷心旅行に出ることに。ところが、40年ぶりの独身生活を満喫する自由すぎるディックは、朝から酒をがぶ飲みしながら、葉巻をふかし、ゴルフ場でナンパ。挙句の果てにはデイトナビーチで完全にハメを外して大暴れ。年齢も性格もまったく違う二人の珍道中の行方は……。

 監督は『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』で製作総指揮・脚本を務めるなど、サシャ・バロン・コーエン作品には欠かせないダン・メイザー。名優デ・ニーロはハチャメチャなディックを嬉々として演じ、体を張ったギャグにも挑戦。『ハイスクール・ミュージカル』シリーズでブレイクしたザックは、十八番ともいえる歌とダンスも披露する。(編集部・中山雄一朗)