特撮ドラマ「仮面ライダーゴースト」の2号ライダーである、深海マコト/仮面ライダースペクター(山本涼介)が主役のスピンオフとなるVシネマ「ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター」が、4月19日に発売されることが明らかになった。

 25日に最終回を迎えたばかりの同作は、一度死んでゴーストとしてよみがえった主人公・天空寺タケル(西銘駿)が仮面ライダーゴーストとなって戦う物語だ。今回のVシネは、タケルが実の兄のように慕うマコトが主役。テレビシリーズのラストで、異空間“眼魔の世界”に旅立ったマコトとアラン(磯村勇斗)たちが描かれる。

 マコトとアランの出会いから友情が結ばれるエピソードと、劇中でカギとなった存在である“もう1人のマコト”につながる、マコトと妹・カノン(工藤美桜)の秘密が明らかになるといい、テレビシリーズでは語り尽くされなかったストーリーの裏側に期待が高まる。

 脚本は福田卓郎が手掛け、監督は上堀内佳寿也が務める。また、初回生産限定版には、オリジナルのキャラボイス入りのDXシンスペクターゴーストアイコンが付属する。(編集部・小山美咲)

Vシネマ「ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター」は4月19日発売 通常版DVD:4,500円+税 ブルーレイ:5,500円+税 初回生産限定盤DVD:8,000円+税 ブルーレイ:9,000円+税