米テレビドラマ「ARROW/アロー」の記念すべき第100エピソードに、オリバー・クイーン(スティーヴン・アメル)の父親ロバート・クイーンが再登場するようだ。

 TV Line などによると、第100エピソードはちょうど、「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」「SUPERGIRL/スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」の4作品がクロスオーバーするエピソードに当たるとのこと。

 その台本読みをしている様子をショーランナーのマーク・グッゲンハイムが写真付きでツイートしたが、そこにパイロット版でロバートを演じたジェイミー・シェリダンが写っているのだ。また、ローレル・ランス/ブラック・キャナリー役のケイティ・キャシディの姿もある。キャプションには、「『ARROW/アロー』第100エピソード台本読み。フラッシュポイントなし、フラッシュバックなし」と書かれているため、二人の再登場は回想シーンやアース2絡みではないということになる。残るは、「レジェンド・オブ・トゥモロー」のタイムトラベルということか。

 ケイティは、CW局で放送されている全DCドラマにレギュラー契約をしており、すでに「THE FLASH/フラッシュ」のシーズン2にはローレルのドッペルゲンガー、ブラック・サイレン役で登場している。また、「ARROW/アロー」第5シーズンの第1エピソードにもフラッシュバックで登場するという。(澤田理沙)