謎の男・ピコ太郎が独特のリズムで「ペンパイナッポーアッポーペン」と歌う動画が世界で話題になっている。動画の再生回数は約1か月で700万回を超え、27日(現地時間)にはアメリカのポップ歌手ジャスティン・ビーバーが「ネットの動画でこれが一番のお気に入りだ」とツイートし、アメリカのCNNも「これは新たな『江南スタイル』なのか」というタイトルの記事でネットの熱狂ぶりを紹介している。

 8月25日にYouTubeで公開されたこの動画。パンチパーマにサングラスをかけ、ヒョウ柄のド派手な服を着たピコ太郎が独特のリズムにのせて、「ペンとアップルでアッポーペン。ペンとパイナップルでパイナッポーペン。アッポーペンとパイナッポーペンでペンパイナッポーアッポーペン」と英語で歌う。

 約1分のこの動画にはたちまちネットが反応し、Twitterなどにはピコ太郎を真似た動画が次々に投稿された。そして、その勢いは留まることを知らず世界に拡散されて世界的歌手のジャスティンやアメリカの放送局CNNの知るところとなった。公式のYouTubeチャンネルには「面白すぎる」「PSYの『江南スタイル』くらいヒットしそうだ。いや超えるかも」「1分8秒を無駄にしたら、もう戻ることができない」といったコメントが残されており、様々な言語で感想が書き込まれている。

 なお、謎の男・ピコ太郎の正体についてはお笑い芸人として活躍する古坂大魔王の名前があがっており、古坂も自身のTwitterやオフィシャルブログでピコ太郎のことを紹介し、その人気ぶりに喜んでいるが、あくまで「古坂大魔王一押しアーティスト、千葉県出身シンガーソングライター…ピコ太郎」としてピコ太郎を紹介しており、その真偽のほどは明らかにされていない……。(編集部・海江田宗)