現代にはさまざまな家族の形があることを描いている米テレビドラマ「モダン・ファミリー」に、8歳のトランスジェンダー俳優が出演するとDeadlineなどが報じた。

 今回出演が決まったのはジャクソン・ミラーカー。トランスジェンダーであることを公表している子役がドラマにキャスティングされるのは初めてのことだという。

 彼は、同性夫婦キャメロン(エリック・ストーンストリート)とミッチェル(ジェシー・タイラー・ファーガソン)の養女リリー(オーブリー・アンダーソン=エモンズ)の友人トム役で登場するとのこと。トランスジェンダーの子と友達である娘を誇りに思うキャメロンとミッチェルだが、リリーがトムに失礼な発言をしているのを耳にしてしまい、ひと騒動あるようだ。

 近年、ゲイやトランスジェンダーがオープンに描かれるようになったハリウッドだが、トランスジェンダー俳優がキャスティングされる機会はまだまだ少ないと言われている。先日、映画『エニシング(原題) / Anything』でマット・ボマーがトランスジェンダー女性を演じていることが明らかになった後、本物のトランスジェンダー俳優の仕事を取り上げているとバッシングが起きたのは記憶に新しい。

 Amazonドラマ「トランスペアレント」でトランスジェンダーを演じ、エミー賞を受賞したジェフリー・タンバーは「テレビドラマでトランスジェンダー女性を演じるシスジェンダー(生まれ持った性別と心の性が一致し、それに従って生きている人)男性が、僕で最後になればうれしいと思う」と受賞スピーチで述べ、まだハリウッドにはやらなければならないことがあると改善を呼び掛けていた。(澤田理沙)